【感想】本の逆襲

内沼晋太郎 / 朝日出版社
(75件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
25
17
15
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • にこ

    にこ

    本は、書き手と読み手のコミュニケーションである、という言葉が響きました。
    本が大好きなので、本についての明るい未来、可能性が広がる話になんだか前向きな気持ちになりました。
    図書館員としてもヒントをたくさんもらいました。
    続きを読む

    投稿日:2023.09.11

  • ありんこゆういち

    ありんこゆういち

    本好きの星、内沼晋太郎。
    B&Bやバリューブックスに携わっている事で有名です。知る人ぞ知るなのかもしれませんが、本というものを書店という形以外で広めるという事にすごく影響を受けました。本に関わる人は広義の本屋であるという説には勇気づけられたものでありました。続きを読む

    投稿日:2023.08.15

  • book1574

    book1574

    下北沢の書店B&Bの経営や本の現在・未来を語る本。2013年刊ですがアイデアは古びておらずポジティブなものばかりでとても楽しい内容でした。内沼さんの実行力はとにかくすごい。本と人を繋ぐ仕掛けを知りたい人、本の未来を考えたい人におすすめ。続きを読む

    投稿日:2022.09.12

  • Anony

    Anony

    感想
    本という媒体の可能性を感じた。本を固定化した物質として捉えず、流動し続ける手段と捉え直すことで本書の取り組みが可能になるのだと感じた。

    投稿日:2022.07.16

  • koton

    koton

    著者がどういった経緯で今の仕事を始めたのか、「本」の定義についてが書いてあった。私はこの本を読んで、本とは知識や情報を的確に他者に伝えることかなと感じた。B&Bが新刊書店が生き残るためのビジネスモデルを模索するために始まったこと、ビールが飲める店にしたことで、行きたくなった。私も副業として小さな書店を始めたくなる。続きを読む

    投稿日:2021.12.07

  • jun

    jun

    ブックコーディネーターとして様々なイベントなど企画している著者が、本の未来についてポジティブに語った本。

    本の未来は厳しいという認識はあるし、実際本屋さんがどんどん減っている。しかしそんな中で新しい試みを展開している著者の試みはとても面白そうです。

    本好きには是非読んでもらいたい、本未来に前向きになれる本です。著者がプロデュースしている下北沢の「B&B」って本屋さんにも行ってみたくなりました。
    続きを読む

    投稿日:2020.12.25

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。