本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員III」

香月美夜, 椎名優 / TOブックスラノベ
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
5
2
1
0
0
  • レビューをアップしたら、もう一回読みます。

    ジルヴェスタやフェルディナンドの想像を超えて、行動するローゼマイン。
    危機感を感じて急遽貴族院から呼び戻されたローゼマイン。その後のお話です。
    面白かった。あまりに夢中になって一日で読み終わってしまいました。
    あいかわらずローゼマインとフェルディナンドとの会話は面白い。
    また、ローゼマインを大切に思い身を案じるギルやルッツの思いが優しく切ない。
    うーん。また読みたくなってきた。これをアップしたら、もう一回読もう。
    続きを読む

    投稿日:2018.06.10

  • ますます深まる「本好き」世界

    本巻はweb版の321-341話あたりで、ほぼ中間地点に到達します。
    毎回思う丁寧な手直し作業に留まらず、いっそう深く世界観を掘り下げて描かれており、いたく感動しました。
    そして後半の最重要な巻き込まれ仲間が「ほにゃっ」と登場。めちゃ癒やされますので、ぜひ読み進めましょう!続きを読む

    投稿日:2018.06.09

  • イベント満載d(^-^)

    領地での行動や貴族院での冬の社交会などイベントが満載です。
    無意識にやらかすヒロインの影響力が、社交によってアップする羽目になっているのが、今後のストーリーでどう繋がっていくのか今から楽しみですね。

    下町のメンバーとの別れ
    ヒロインの秘密を守るため、印刷業の展開のために今まで通りの付き合いが出来なくなることに…。
    寂しがりのヒロインにとってはとても苦しい展開ですね。
    この辺りの描写は見事です。寂しさと足掻きと新たな一歩と心が揺さぶられるストーリーでした。
    続きを読む

    投稿日:2018.06.17

ブクログレビュー

"powered by"

  • まさし

    まさし

    このレビューはネタバレを含みます

    表紙にトゥーリが描かれていることが、この巻の内容を物語っていて泣けてきます。
    家族を下町を守るために貴族社会に身を置くことを選んだマインが唯一下町時代のマインに戻れる場であった、隠し部屋での会合が終わりとなってしまいました。2年も寝る羽目になったユレーヴェの期間が本当に悔やまれます。襲った者たちには相応の報いを受けてもらわなければ。
    でも、悲しい別ればかりではありません。貴族院でハンネローレという本好き仲間と出会うことができましたので、本に埋もれる生活を目指して、ローゼマインには、これからも突き進んでくれることでしょう。これからの活躍にも期待しましょう。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.03.12

  • へきくう

    へきくう

    ひとつ、区切りの巻でしたね。ルッツとギルとがとてもいい関係で安心。第二王子もルンルンでしょう(古っ)願わくばエグランティーヌともども政変に巻き込まれませんよう。ディートリンデもまた可哀想な子なのかなと思えど、腹は座ってるのかな。カラーイラストでフェル様とローゼマインとの絡みが、え?と思えたのだけどなるほどそのシーンでしたか。ユストクスはやはりフェル様の側仕えですな。さすが!女装はともかく(笑)そして、ハルトムートも路線替えしそうで怖い(笑)続きを読む

    投稿日:2018.12.17

  • chinoboo

    chinoboo

    ちょっと遅くなりましたが読み終わりました。続巻も購入済み。

    これドラマCDがついているんでしたっけ。なので、紙の書籍で購入。すでに知っている話だし、イラストページだけをざっと見て、あとで読もう〜と積んでおいたら、あっという間に数ヶ月。電車での移動中や、カフェで本を読むことが多いので、紙の書籍だとついつい後回しに…。

    web版ですでに読んでいる話だけれど、加筆されていたり、別の登場人物視点のショートストーリーが付け加えられているので、新しく知ることもたくさんあって面白かった。

    予約特典でついてきたフィリーネ視点のSS(これは購入直後に読んでましたが)には感動しました。彼女には彼が凛々しい騎士に見えるのですねー。あ、そういえば、青色巫女見習いだった頃のトロンベ討伐のときも、彼はなかなかかっこよかったですよね。うん、いい騎士様だ。

    一気に積読を攻略するために、続巻を読書中。そして、早く外伝も読まなくては!(外伝を先に読もうとも思ったが、やっぱり順番に読んでいく!)
    続きを読む

    投稿日:2018.10.25

  • しろかぎ

    しろかぎ

    いやあ…ネットで読んでた頃はふむふむそういうものか、と読み流してましたが読み終えてから改めてこの辺読み直すと…なかなかにやにやですね!ていうか完結まで読んじゃったらもう大体どこ読んでもにやにやですかね
    それはそれとして、ハンネローレ様があんなにロリかわいいかんじだとは思いもよらず今後がさらに楽しみです…。
    続きを読む

    投稿日:2018.08.07

  • HAL-RIM

    HAL-RIM

    このレビューはネタバレを含みます

     今のローゼマインの活躍も楽しみなのですが、昔のマインとルッツの姿を振り返ると、ひどく懐かしい思いがします。
     家族との繋がりはとても貴重なものなのでしょうが、「男の子」だった自分からすると、鮮やかなのは一緒にバカをやった仲間たちとの記憶ですね。
     美麗で凝ったイラストは、毎回じっくりと眺めてしまいます。(本文は勿論ですが)
    連続の刊行は嬉しいですね。「神に感謝を!」

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.06.11

  • kinakoi

    kinakoi

    書き下ろしSS『私の騎士様』フィリーネ視点 貴族院から自宅に帰宅し、弟コンラートとともに迫害され助けられるまで。

    『プロローグ』ギル視点 側仕え達の一幕
    『エピローグ』ユストクス視点 フェルディナンドを長椅子に例える一幕。
    『時の流れと新しい約束』ルッツ視点 ローゼマインとの隠し部屋使用禁止に…。
    『卒業式と祝福の光』エグランティーヌ視点 卒業式の日…。
    続きを読む

    投稿日:2018.06.09

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。