「超常現象」を本気で科学する

石川幹人 / 新潮新書
(22件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
1
11
4
4
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • tosshi-s

    tosshi-s

    超常現象を科学的に解明する本。
    はん幽霊論というキーワードを基に、反・半・汎に分けて解説。具体的な超常現象を解明するよりも、超常現象の科学的な捉え方を示唆する。個人的は具体的な超常現象をもっと解説してほしかった。

    幽霊=人間には「見た」と錯覚するメカニズムがある
    金縛り=カギは睡眠時の肉体コントロールの誤作動
    お守り=「効いた」のは統計上の偏りに過ぎなかった
    テレパシー=「何か」による作用は認められるが…
    透視=米軍も実用化を研究していた?
    予知=それは人の無意識がもたらしている?
    続きを読む

    投稿日:2020.02.08

  • 本ぶら

    本ぶら

    このレビューはネタバレを含みます

    タイトルに「超常現象」とあるわけで、この本を読む人は暇なんだけど読むものがこれしかなかった等のことがない限り超常現象に興味がある人だと思う。
    かく言う(かく書く?w)自分も当然大好きな人で、そういう体験をしたこともあるから、(それをそう定義づけするのなら)「超常現象はある!絶対!」と思う方だ(爆)

    というか、「幽霊(のような存在)と見た」とする人は古今東西枚挙にいとまがないわけで。にもかかわらず「そんなものはない!」と断言(否定する方って、なぜか“きっぱりと断言”する方が多いw)出来ちゃえるほうが不思議な気がするんだけどなぁ~(笑)
    と言っても、「それは絶対死者の魂だ!」と思っているのではなくて。
    もしかしたら死者の魂かもしれないし、たんなる錯覚かもしれない。
    つまり、ソレが死者の魂なのか錯覚なのかはともかく、「幽霊を見た」という人は沢山いるのだから、(そのことを超常現象と定義するなら)それを“ない”と言うほうがおかしくないだろうか?w
    そもそも「幽霊」なんて定義づけ出来ない(出来ていない)わけで、そんなものは科学的に否定も肯定もしようがないと思う。

    よって、当たり前だがこの本にも万人が納得のいく回答はどこにも書いていない。
    ていうか、著者の意図は回答を書くことではないのだろう。
    もっとも、著者は好きな人のようなので、回答を書けるものなら書きたかったろうなぁーと思う。

    この本のことは前から知っていた。でも、この手の本に納得いくようなことは書きようがないわけで…、まぁ読むほどのことないよね?みたいなw
    読む気になったのは、先だって理系の友人と話していて、そういう話になったから(爆)
    というのも、前にも同じような話を聞いたことがあったのが、理系の人が超常現象に興味があると、大学や会社で教授や先輩から「超常現象なんかに興味持っていたら出世できないからやめろ」と諭されるんだとかで。
    もちろん、自分のテーマの研究やら仕事をちゃんとやらなきゃ出世できないのはわかる。でも、仕事や研究の合間に「それは何なんだろう?」と考えるのは、気分転換や思考の訓練としてもいいことだと思うんだけどなぁーと思っていて。ふと、思ったのは、「あ、今の日本企業から新しいモノ・コトが生まれない理由って、もしかしてソコなんじゃない?」と思ってしまった…、
    というわけ(笑)

    この本は、幽霊なんて怖くない的な「反」、主に超能力の実験を紹介する「半」、幽霊を役立てようの「汎」の三章にわかれている。
    正直、「反」と「半」の章は今一つだった…、かなぁ(笑)
    「反」は総花的すぎて、どれもどこかで聞いたような説明になっちゃっていたし。「半」は、著者がしている研究ならともかく、読者としては次の「汎」につなげるための章になっているように感じてしまうからだ。
    では、その「汎」が面白かったかというと、うーん、ちょっと期待外れ?w
    ていうか、想像していたことの斜め45度辺りのことを書いてきたなーという感じ(?)

    というのも、それこそ、幽霊を見たというのは古今東西あること。なら、ソレが見える仕組みを解明して、次世代モニターを開発。モニターの世界シェアを握ったらいい、くらいのことが書いてあるのかと思っていたのだ(爆)
    確かに、「無意識」を活用して創造力を活性化させるというのもわからなくはない。猫も杓子も日がな一日スマホでSNSやゲームに熱中している「無意識」のない状況じゃ創造が入る隙間がないよなぁ…なんて気がしないでもないから(笑)
    とはいえ、本の主題が「超常現象」だけに、もっと“超常”な面白いことを書いてもよかったような気がしないでもない。

    ただ、示唆に富む(と個人的には思った)こともいろいろ書いてあった。
    “無意識は、生物の歴史から見ると、人類以前の多くの哺乳類が身につけている「進化する仕組み」”とか。
    また、“かつては個人が超能力実験を信じることがESP実験の成功率を上げると考えられてきたが、最近は社会的な態度が態度が重要だとされる”なんかは、戦後の焼け跡からGDP世界2位になるまでの復興を遂げた経験があるくせに、一度バブル崩壊したくらいで「もうあんなことは2度とないよ」とみんなして悟り顔してりゃぁ、そりゃ失われた10年が20年、20年が30年になってもおかしくないということなんじゃないかと(笑)
    さらに、個人的に興味深かったのが“現在の脳科学実験では、「自由に意思決定したと自覚する瞬間」よりかなり前の時点で、すでに「無意識に決定したと相当する生理的信号」を脳内から検出できている”という話。
    そういえば、確かそんなことが書いてあったSF小説があったよなー思いつつ。これはその小説を読んだ時に漠然と思ったことなんだけど、ソレって幽霊の正体の一つなんじゃない?なんて(爆)

    そういえば、テレビでどこかの会社の社長が言っていた、「夢がなければ会社はモチベーションが続かない」という言葉。
    ま、超常現象の本の感想でそれを出されても、その社長も困るだろうし。何より、その社長の言う「夢」は超常現象ではないんだけどさ(笑)
    とはいえ、2000年前後の日本の家電メーカーで人員・給料が削られるのに仕事はどんどん増え、正月も働かないと仕事が追いつかない。なのに、シェアは結局新興国企業に奪われていった、あの状況を傍で見ちゃっただけにねぇ…。
    冗談でなく、今の日本の会社に必要なのは即戦力ではなく、“どうやったら幽霊で儲けられる?”みたいなおバカな課題を突き付けられることなんじゃないかと思えてならない。
    ていうか、日本の会社が巧くやっていたあの頃って、その手のおバカなことを言ってた会社、結構あったよね?w

    と、それはともかく、ここまで書いていてふと思ったのは、なぜ幽霊を怖いと思うのか?という論考が抜けているんじゃないかと。
    それを「反」の章でするのが適当なのか、「汎」なのかはわからないが、個人的には、よく言われる“ソレが未知の存在だから”だけではないように思う。
    幽霊や超常現象の面白さというのは、“ソレが謎だから”とともに、“ソレが怖いから”というのは大事な視点のはずだ。
    鬼太郎の境港やロンドンのゴーストツアーなんかはまさに「汎」だし。
    交通事故の多いん場所に幽霊の看板を立てたら事故が減ったなんていう「汎」も昔はあった。
    ぜひ著者には、もうちょっと具体的に踏み込んだ第2弾を期待したいところ(笑)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.02.11

  • ひつじ

    ひつじ

    科学の視点から、心霊現象や超能力を理解する本。
    心霊現象や超能力を全否定するのではなく「役に立つか立たないか」という視点で解説しているのが面白い。
    宇宙人誘拐=金縛り、には驚いたけれど、読むと腑に落ちる。

    学生の頃、石川先生の講義が毎週楽しみだったのを思い出した。
    続きを読む

    投稿日:2018.07.24

  • ドラソル

    ドラソル

    文字通り「超常現象」を科学の世界から丹念に解きほぐそうとする一冊。

    陰謀論みたいにわかりやすい結論があるわけではないし、現在も解明されてない部分もあるが、それ故に真摯にアプローチしているように思えた続きを読む

    投稿日:2018.07.02

  • 愛と幻想

    愛と幻想

    簡単に言うと超常現象を超常的現象として科学サイドからプラグマティックに捉える試み。と言ったらいいように思う。面白い試みだと思うしキライな連中を炙り出すのにも有用なように思うし、非科学的な態度として全面的に退けられていたり課題にならなかったことに建設的に取り組んでいて面白いなと思った。続きを読む

    投稿日:2017.12.18

  • saga-ref

    saga-ref

    現時点で著者が超心理学という科学の視点から、心霊や超能力を考えるものだった。現在の科学では解明されないものがあり、万能ではないのだから頭ごなしに心霊・超能力現象は否定されるべきではないという至極当然な考えに立脚しているのが好印象。怖い幽霊から役に立つ幽霊なんて面白い考えだ。ポルターガイストと念力が同根であるという仮説も妙に納得できる。全ての超常現象に対し考察を加えるものではないので、幽霊の映像であるとか、念力の真偽を解説しているわけではないので、これから読む人は注意が必要だ。続きを読む

    投稿日:2017.08.28

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。