鍵のあいた鳥籠

富樫聖夜, 佳井波 / ソーニャ文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
1
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • うらこ

    うらこ

    このレビューはネタバレを含みます

    今回のソーニャっぽい人は、エイドリックですね。
    最初にミレイアを見初めたときの年齢がロリコンの域で、そのときからじわじわと自分の言うことをよくきくミレイアにしてます。身分の差から自分から離れようとしたミレイアの純潔を奪って、その後自分が国外にいるときに虫が付かないような状況に持って行ってます。

    最後まで読むと、確かに籠の鳥は、鍵を開けていてもその籠の中に入ってくるって感じがしました。

    再度ミレイアがエイドリックから離れようと考えたとき、あとで撤回しましたが、撤回せずにマリウスが手を回してミレイアを隠してしまったっていう展開も見たかったです。ものすごく執念深く追い回しそう。

    あと、マリウスとセレスティアの話ももっと読みたかったです。
    マリウスもエイドリックと似てる感じがして、セレスティアを手に入れるために味方に引き入れ、婚約者として自国に招いたってとこ、詳しく知りたいです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.08.22

  • kina-koi

    kina-koi

    侯爵家嫡男のエイドリックと男爵令嬢ミレイアの執着愛。
    エイドリックの病んでる愛はいいんだけど、ミレイアの流され加減は楽しくない。
    脇役の第二王子マリウスとセレスティア王女の話がもっと知りたい。

    投稿日:2015.07.09

  • rodorigesu

    rodorigesu

    このレビューはネタバレを含みます

    償いの調べは好みだったけど、今回は何も響かなかった。
    二人の心の応酬や押し引きがなかったからかな。主人公が一度は、決められた人生に抗って欲しかった。
    男も機微があまりなく、相手を求める渇望を表に出すことがあまりなかったのがおしい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.06.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。