仮装集団

山崎豊子 / 新潮文庫
(15件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
4
4
6
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kei_m

    kei_m

    1966年1月から翌年2月まで週刊朝日に連載された作品。
    大阪勤音(勤労者音楽同盟)に所属し、すぐれた企画力で音楽会を成功させている流郷正之は、組織内部の不穏な動きに気づき始めた。労働者のための音楽鑑賞団体に音楽以外のものが持ちこまれている。

    労働者と経営者の対立、労働者内部での政治的・思想的対立。50年前はこういう時代だったのかと。
    ドラマ化も映画化もされておらず、著者自身も取材が大変だったという作品。
    中途半端に終わったエピソードもあるが、とても面白かった。
    続きを読む

    投稿日:2017.06.05

  • posigold

    posigold

    このレビューはネタバレを含みます

    タイトルから白装束のカルト宗教の話かと思いましたが、音楽団体のお話でした。調子乗ってる企画者が干されるお話。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.05.29

  • tatsuyaokamoto

    tatsuyaokamoto

    労働者に音楽を提供する組織においてプロデューサーをしている主人公の男。血気盛んな労働者とは一線を画しつつも音楽を通して自己実現をしていく。一方で事務局のなかでは不穏な動きがあり、労働者の組織といいつつ裏には政治の利権が絡んでいるのはと主人公は怪しむ。疑いを紐解いていった終着点で、彼は組織に敗れて放逐される。組織を使う者、組織に使われる者、その生々しさが印象的な小説。続きを読む

    投稿日:2017.01.29

  • office4690

    office4690

     勤労者音楽同盟という名称からして左翼がかっている。このグループが急速に組織拡大していく中、不明瞭な運営資金の流や、特定の政治団体と蜜月になるなど不穏な行動が目立ちはじめる。純粋な音楽普及活動に尽力する職員がいる一方で組織運営内で微妙な齟齬が生じはじめた。

     またこのグループに対抗すべく、政治的な動きを機敏に察した資本家が企業主導の音団設立に動き出し・・・さてお話しの結末はいかに、内容に興味をもてず、ストーリーにしてもいまいち。
    続きを読む

    投稿日:2016.06.29

  • aikow

    aikow

    流郷の書斎とロシアのバイオリニスト招致の仕事ぶり、あとがきが印象に残った。音楽に情熱を傾けて、組織力を存分に活かす努力で仕事を成功させる。菊村姉弟が静かに流郷や斉子を尊敬してる思いが美しい。流郷が斉子と菊村姉のふたりを可哀想に思う気持ちがリアル。カップルができるわけでもなく誰の仕事もハッピーエンドでない不思議な物語。比較的リベラルと思った作者が労音や共産党、赤旗にこんな違和感を持っていた。党員たちのアジりっぷりが、短絡思考が、適切に描写されていると思う。自分で一生懸命党の意向を解釈しようとして党に従う愚かしさ。もう一人くらい政党色に辟易するごく普通の職員もしくは会員がいたらさらに感情移入出来たと思う。相変わらず女性は色モノだが、流郷に
    全く溺れない斉子が際立っている。
    続きを読む

    投稿日:2016.03.08

  • minerva-48

    minerva-48

    昭和42年に発表された山崎豊子作品。安保闘争のはざまの時期、そして、いまだ労働組合の組織率が高く、労組運動も顕在化していたという時代背景もあっての作品。党や労組が、他の団体・集団にいかに入り込んでいくか、といった組織の怖さが描かれている。「オルグ」「フラクション活動」など、いまや死後と化している用語もいたるところで出てくるのも、時代の趨勢ということか?続きを読む

    投稿日:2016.02.20

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。