零れた明日 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真

堂場瞬一 / 中公文庫
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
0
5
3
0
0
  • 成長してるぞ

    一ノ瀬が、良くも悪くも警察官として、捜査員として、育っているなぁ。それはそれで何だか身内思いで感じ入ってしまったり(笑)その分、初期の初々しい感じが少なくなってちよっぴり残念かな。
    ストーリーは面白かったな♪終結が中途半端な感はあるけど、まっそれはそれでいいかも。恐ろし展開がとなったら、しんどいもの。子どもも生まれて新しい一ノ瀬のこれからも楽しみにしてます♫続きを読む

    投稿日:2018.06.10

ブクログレビュー

"powered by"

  • chifuyuk

    chifuyuk

    シリーズ第6弾。一之瀬君、成長したね。見事に成果を出し、仲間の失態をカバー。最後はもうちょっと追い込みたかったなあ・・・

    投稿日:2019.04.28

  • さや

    さや

    一ノ瀬シリーズ。
    6冊目と言うことでだいぶ刑事としての目が養われているような?
    色々と混乱したややこしい事態をコツコツと積み上げて解決していく姿に一ノ瀬も立派に成長して……と親戚のおばさん気分で読了。

    投稿日:2018.11.25

  • bera5227

    bera5227

    淡々と読了。感情移入することはなかった。捜査方針が対立していたが、事件解決後のそれぞれの関係を描写してほしかった。

    投稿日:2018.09.05

  • haji07-2018

    haji07-2018

    8月-3。3.5点。
    一之瀬シリーズ。ストーカー殺人の犯人を、逮捕後に所轄が取り逃がす。犯人はその後自殺。
    捜査本部が設置され、一之瀬も捜査に加わる。
    被害者は芸能事務所勤務の女性。
    捜査を続けると、意外な方向に進む。

    だいぶ成長した一之瀬。犯人を落とす方法も堂に入ってきた。プライベートにも変化あり。
    次作も期待。
    続きを読む

    投稿日:2018.08.08

  • seasideparadise

    seasideparadise

    新人の刑事が1冊づつ成長して、気が付いたら本庁の刑事課で刑事をしている。気が付いたら彼女だった女性と結婚している。そして気が付いたらどうやら優秀で、捜査本部の方針に疑問を持ちながら(でも上意下達の組織でなかなか異は唱えられず、微妙な動き方をしながら)、捜査を進めていく。いろんな作家が警察(特に警視庁)を舞台にした話を書いているけれど、いつも完璧な縦社会で、その中で生きていくのは大変だろうなぁ、と。続きを読む

    投稿日:2018.07.29

  • hongoh-遊民

    hongoh-遊民

    前作ではいつの間にか結婚しており、今作では妻の深雪は妊娠。
    プライベートでは身重の妻を気遣いながら、職場では新たに着任した係長との距離感が掴めず、それでも捜査活動にまい進する一之瀬。
    隣の班の事件を手伝ううちに、真相に肉薄し、襲撃もされる。
    そして、大物相手の事情聴取で、その手腕が試される。
    新人だった一之瀬も、一児の親となり、公私ともに成長し充実してゆくこのシリーズ。
    捜査活動と共に、今後発生する課題は、Qの正体と行方不明となった父親の問題か。
    続きを読む

    投稿日:2018.07.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。