信玄の軍配者(上)

富樫倫太郎 / 中公文庫
(14件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
3
7
4
0
0
  • 風の如しの青春時代劇?

    早雲の~につづく軍配者シリーズ第二弾。山本勘助主演? 設定上40過ぎのおっちゃんですが、上巻は「早雲の」と同じく青春路線。艱難辛苦の末、武田信玄(晴信)の軍配者になるまでを描きます。 
    しかし前作の主人公小太郎の出し方はじめ、意地悪ライバル、頼りになるオヤジ等々、キャラの配置が絶妙・・・というか王道。ドキドキして本を読むのもいいですが、安心して読めるというのもまた良しの上巻。 戦のシーンはほとんどありませんが、「疾きこと風の如し」に下巻へGO!続きを読む

    投稿日:2015.02.17

  • 遅咲きの知恵者

    今は黒田勘兵衛などに押され気味で地味な存在に思えるかもしれませんが、織田信長を恐れさせ、武田信玄の名を高めたのは山本勘助の陰の功績があってこそ。
    物怖じせず発想は大胆、だが時折みせる冷淡さは勘助の半生を表しているように思えます。
    晩年において活躍した人物なので、物語としてはやや物足りなさを感じる部分があるかもしれません。
    続きを読む

    投稿日:2014.05.04

ブクログレビュー

"powered by"

  • ホースケ

    ホースケ

     かつて足利学校で学んだ学友、三人の一人の左郎次は、学校時代には亡き山本勘助の名を騙っていた。
     足利学校のち建仁寺で軍配者として学んだのち、大名に召し抱えられるべく諸国を歩いたが、誰も左郎次を召し抱える者はいなかった。
     仕方がなく生まれの駿河に戻ると、山本家の郎党から仇とされ、軟禁生活が八年続き、軍配者として名を上げる夢を叶えられずに腐っていた。

     この時期、駿河には無人斎こと武田信虎がいた。
     戦上手の男だったが政は全くできず、家臣に恨まれた挙句に息子の晴信に甲斐から追放されて駿河で隠居していた。
     しかしこの男、甲斐に戻り再び主君となる野望を秘めていた。

     無人斎は左郎次に、甲斐へ行き晴信を殺せ。
     そうすれば、俺が主君として戻った暁に軍配者にしてやると持ち掛ける。

     そうしたところで殺されるだけだ。
     甲斐に行く気は全くなく、さりとて駿河で腐り果てる気はなく、左郎次は駿河から出奔し、かつての学友、北条の軍配者として名を挙げた風魔小太郎に会いに小田原へと向かった。

     下巻へ続く。
    続きを読む

    投稿日:2018.11.25

  • masajichan

    masajichan

    このシリーズは
    読む手が止まらない!

    信玄の軍配者は言わずと知れた山本勘助。
    醜い姿と後ろ盾が無い故
    どの國の大将から相手にされず。
    それでもめげずに戦国の世を渡り歩く。

    武田信玄との出会いの場面では
    信玄の優しい言葉に
    ついつい「勘助良かったね」と
    落涙(T_T)
    続きを読む

    投稿日:2016.10.11

  • ぱーちゃん

    ぱーちゃん

    「信玄の軍配者 上」

    これは、早雲の軍配者の続き。
    今度は信玄の軍配者のお話し。

    産まれて疫病に侵され顔がとても醜くなった主人公が、自分をバカに嘲笑った者たちをいつか見返してやる!と猛勉強をして軍配者を目指す。
    その道は険しくどうしても見た目や風貌で判断され、雇ってもらえない。

    そんな中、いろんな偶然が重なって信玄の軍配者に。

    すでに初老となっていたけどこれが初めての受け入れ先。生涯信玄に尽くすと誓って涙したシーンは感動!!

    下巻では実際の戦場に赴ききっと、早雲の軍配者と出会うんじゃないのかなぁ?

    楽しみ!!
    続きを読む

    投稿日:2015.12.06

  • けんしう

    けんしう

    「軍配者」シリーズの続編。少年だった小太郎と四郎左がおそれなりのおじさんになっていることに若干の違和感はありつつも、前作同様面白く読める作品。下巻も楽しみ。

    投稿日:2015.01.26

  • ひより

    ひより

    ここまでの四郎左の人生は気の毒なものだったけど、これから思う存分活躍してほしい。
    武田家に召し抱えられるシーンは感動した。

    投稿日:2014.12.28

  • yo21288

    yo21288

    このレビューはネタバレを含みます

    山本勘助が武田の軍配者になるまでの苦節○年。
    どうしても大河「風林火山」の映像が頭に…下巻へ続く!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.10.20

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。