追悼者

折原一 / 文春文庫
(13件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
0
3
4
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • anri0912

    anri0912

    東電OL事件を元にした小説。
    途中まではグイグイと引っ張られる様に読めたのだけれど、終盤あたりで段々と訳が分からなくなってしまった…。
    ちょっと残念。

    投稿日:2019.01.08

  • office4690

    office4690

     「東電OL事件」以下は同事件を題材にした小説
    鳴海章『鹹湖 彼女が殺された街』(1998年、集英社)
    久間十義『ダブルフェイス』(2000年、幻冬舎)
    桐野夏生『グロテスク』(2003年:文藝春秋、2006年:文春文庫)
    真梨幸子『女ともだち』(2006年、講談社)
    折原一『追悼者』(2010年、文藝春秋)

    2017年4月16日時点で
    追記:『鹹湖 彼女が殺された街』『追悼者』二冊は未読

    早速、折原一『追悼者』(2010年、文藝春秋)読んでみた。『鬼畜の家』 2011年4月/原書房 は探偵で『追悼者』フリーライターっていう違いはあるが、容疑者たちのインタビュー形式っていうところがとても似ている。『鬼畜の家』の著者が新人ということもあって、折原一『追悼者』影響を受けたってこともありうる。そう勘ぐって読むと面白い(笑 

     『追悼者』についてはラストで思わぬ展開がある。アッと驚かせるにはかなり間延び感が否めない。話しが長すぎて退屈極まりない、推理小説としては致命的である。
    続きを読む

    投稿日:2017.04.29

  • 林檎飴甘

    林檎飴甘

    この物語を読み始めたとき、最初に頭に浮かんだのは「東電OL殺人事件」のことだった。
    実際の事件はまさにこの物語と同じような経緯をたどった。
    被害者であるはずの女性は私生活を暴き立てられ、メディアによって晒し者にされ、悪意ある好奇心の的にされた。
    メディアが伝えた被害者女性の私生活の描写には捏造ともいえる情報が多く含まれており、被害者遺族にとっては耐え難い出来事だったろうと思う。
    折原さんの作品を読み終わると、いつも「ん~」と思ってしまう。
    裏の裏を読もうと、ついつい疑いをあちこちにはさみながら読むのだけれど、結局いつも見事に「してやられた!!」と思うのだ。
    中盤以降に登場した殺害されたライターの残した謎の言葉。
    いったい誰が犯人なのか。犯行の動機は?
    すべてが被害者・大河内奈美を中心に起きていることは間違いない。
    しかし、本人が死亡している以上、残された容疑者は限られているはずなのに犯人像がまったく見えてこない。
    読み応えがあった。
    物語としての面白さだけでなく、考えさせられる(考えなければならない)ことも多かった。
    たったひとりの短い証言。メディアが喜んで飛びつきそうな悪趣味な話題。投げ込まれた悪意のこもった餌。
    この世で何より怖ろしいのは人の心だとつくづく思う。
    すべての謎が明らかになったとき、いろいろな意味でゾッとする。
    唯一笑えたのは、腰がほぼ直角に曲がっている(と形容されている)煙草屋のおばあさんだろうか。
    女はいくつになっても侮れない。
    続きを読む

    投稿日:2017.02.28

  • 0071

    0071

    折原一の作品は昔一つだけ読んだ記憶が。「~者」シリーズとしてくくられているが、登場人物は別らしい。そして、シリーズの多くが、実際の事件をモデルにしているよう。本作は、東電OL事件がもとだが、展開はまったく違う方向へ行っている。ラストが予想できなかった。あと、無駄のない簡潔な文章が私は好きだ。
    (登場人物メモ)
    笹尾時彦…ノンフィクション作家。本作の主人公。事件を追う。
    高島百合子…ノンフィクション作家。笹尾と共に事件について調べる。
    続きを読む

    投稿日:2015.09.10

  • moboyokohamaかわぞえ

    moboyokohamaかわぞえ

    東電OL事件を連想させる作品だけれど内容はかなり事実とはかけ離れた謎解き物となっている。
    嫉妬という文字には「女」という文字が含まれている。
    嫉妬が女性特有の物とは思わないが、いかにも女性ならではと思わせる人間関係が引き起こす犯罪を描く。
    いつもこの種の作品を読むと男っていうのは女性に比べて単純で弱いなあってことなのですけど。
    続きを読む

    投稿日:2015.09.01

  • tamasa85

    tamasa85

    結局何が本当なのかよく分からなくなってしまった…。
    エピローグはどういう意味??

    一人の嘘から噂が広がり「丸の内OL」という虚像が作られていくのは、怖くも興味深く感じた。

    投稿日:2015.06.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。