古代人と夢

西郷信綱 / 平凡社ライブラリー
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • まるこ

    まるこ

    明快にさくっと物語と夢のあり方がわかる。こんなふうに書ける人ってすばらしいと思った。蜻蛉日記と更級日記の関係が源氏物語と浜松中納言物語、これはわかりやすい。そして、夢によって物語が展開する図式は、古代物語の固有のあり方であるとの指摘も良い。その上で源氏物語とは違って、浜松は読者を置いていってしまうような「無雑作」な表現方法があるとのこと。続きを読む

    投稿日:2018.02.08

  • ぺんこ

    ぺんこ

    ずっと読め読めと言われていてようやっと読みました。
    古代人の「夢」に対する態度は、現代人のそれとずいぶん違うよね、という学術書ですが。古事記の解説も多くて楽しいです。

    古代人がひとつの現実として、夢を「見る」こと。夢が現実を牽引し、現実は夢を模倣して再度意味づけられてゆく――夢と現実の入り込んだ関係。
    「こもり」のプロセスと夢見と「根の国」流離の互換性。
    神話と宗教。
    夢の問題から立ち上がる古代人の「魂」の思想。
    共同体的概念が解体し、「魂」が個人的なものになった精神史的ターニングポイント、など。夢を主軸に置いた古代人の精神史。
    続きを読む

    投稿日:2012.06.11

  • norteak

    norteak

    スサノオから大国主への系譜、日向、高天の原
    アマテラスからホノニニギ、神武天皇への系譜、日隅、出雲、根の国、黄泉の国、

    投稿日:2010.10.01

  • kawada

    kawada

     古代人は夢をどのように捉えていたのか。古代人は夢をかなり現実的なものとして捉えていたようだ。古代においては夢は天下国家を左右し、その後は個人の人生を左右した。そんな夢の精神史を扱った本。

    投稿日:2010.06.13

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。