〈図解〉超新説 全国未完成鉄道路線 ますます複雑化する鉄道計画の真実

川島令三 / 講談社+α文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 源氏川苦心

    源氏川苦心

    本書は『〈図解〉新説 全国未完成鉄道路線』の加筆改題であります。買つてみてから気付きましたが、その本は持つてゐました。川島氏の本は似たやうなタイトルが多い上、文庫化に際して改題されることも多多あるので、購入の際には注意が必要であります。

    さて、その改題された『超新説 全国未完成鉄道路線』であります。超新説ですよ。「超」つて何ですかね。
    まあいいや。著者は全国未成線の痕跡を実地調査し、何故放置されたままなのかを含め、その全容を明らかにせんとするものであります。

    第一章は「首都圏の地下線に眠る謎の構造」。
    愛知県人としてはいづれの項も興味深いですが、特に大田区役所の地下に地下鉄用のスペースがあるといふ話は面白いと存じます。

    第二章「東京郊外に蠢く準備設備」では、こんなに準備設備(つまり新線計画)があるのかと驚きます。いくら人口が多いといつても、この全ては到底実現できないのでは。もしできたとしても、わたくしが死んだ後ですなあ。

    第三章は「知られざる新幹線計画の真実」であります。上越新幹線は全通してゐないといふ話は、以前の川島氏の著書でも言及されてゐました。現在は当然のやうに東京駅に発着してゐますが、本来は新宿駅に乗り入れる筈だつたと。しかし今後劇的に乗客が増えない限り、実現しないでせう。
    また、東九州、羽越、山陰、奥羽、四国の新幹線はまづ実現しないでせうね。少なくともフル規格では。

    第四章は「全国に広がる未完成路線図」。名古屋の話題も少しあります。例へば城北線が環状線になるかといふ話ですが、まあやらないでせうね。名駅からの放射状鉄道を充実させる方が先でせう。

    最後の第五章は「幻に終わった計画」といふことで、完全に日の目を見ることがなくなつた路線であります。しかし施設の建設は、かなり進んでゐる路線もあり、いかにも勿体ない。名古屋の南方貨物線も建造物が朽ちてゆくだけか......

    テツならば常識かも知れませんが、わたくしはテツではないので、特に首都圏の話題は興味深いものがありました。川島節は健在ですが、少しソフトになつてゐる印象であります。もつと暴れていただきたいと、関係ない感想も抱きました。
    デハデハ、ご無礼いたしました。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-777.html
    続きを読む

    投稿日:2019.02.13

  • 講談社+α

    講談社+α

    不自然な空き地、変なコンクリートの構造物、開業したときから線路が接していないホームや路盤―日ごろみなれた光景に疑問を感じることはないだろうか?よくよく調べてみると、新しい路線をつくる壮大な構想をもとに用意されているものが大半である。だれがなんのために、どんな路線を引こうとしていたのか、それらが実現されると、日本の鉄道路線図はどう変わるのか。ミステリー小説を読む以上に面白い「鉄道計画の全貌」を探る旅に出よう。続きを読む

    投稿日:2015.05.26

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。