ひそかに人を見抜く技法

内藤誼人 / 大和書房
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 2.3
0
1
2
1
2

ブクログレビュー

"powered by"

  • loststar19

    loststar19

    いわゆる読心術に関する本。
    相手の行動、仕草より他人の気持ちがどうなのかがわかるようになる。
    特に参考となったのは、交渉に挑むときの心得。
    「声の大きな人」、「怒りっぽい人」が交渉を有利に進められるという点。
    読心術で大事なのは、まずじっくりと相手の表情、行動を観察すること。
    続きを読む

    投稿日:2018.07.14

  • sr-tail

    sr-tail

    前の会社にいた時に貰ったものを発掘したので読んだ。

    複雑なことは書いておらず、普通の読み物として面白かった。
    ・名前をちゃんと呼ばれるなら嫌われてはいない
    ・さっさと答えることで自信のあるフリをする
    ・交渉直後の雑談の方が本音を聴きやすい

    具体的に何かで使えるような事というより雑学。

    ただ、引用している研究結果がどれも海外の物なので日本人には当てはまらない部分もある気がしたのと、反論したくなるような例えもあった。
    続きを読む

    投稿日:2017.08.09

  • はるのあわゆき

    はるのあわゆき

    決め付けたような書き方があまりわたしの好みではないけれども
    なるほどと思うところは結構あってさっくり読めました。

    投稿日:2015.10.03

  • beckamazo

    beckamazo

    「緑が人の印象をよくする」 人と場のイメージが重なる感覚は自分にもある。これに時間という尺度が加わるとより面白いのでは

    投稿日:2011.11.19

  • oriduru1970

    oriduru1970

    ノンバーバルコミュニケーションについての本かな。ノンバーバルコミュニケーションとは、言葉以外の、声、表情、振る舞い、服装によるコミュニケーションのこと。
    人のことを分かりたいのはもちろんだけど、自分の振るまいが何を表現しているのかを知りたいな。きっと改善の余地がたくさんあるぞ(笑。続きを読む

    投稿日:2011.11.06

  • ひろろ

    ひろろ

    人が考えていることをわかるようになり、
    人間関係を良くしよう的な本。

    表紙の的の絵が目に留まって買ってみたけれども
    大して得られるものはありませんでした。
    研究で示されたデータをもとに「~をするひとは○○である」
    というような書き方が気に入らなかった。
    しいて言えばちょっとしたマメ知識的なものは得られたと思います。
    続きを読む

    投稿日:2011.08.26

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。