茶馬古道の旅 中国のティーロードを訪ねて

竹田武史 / 淡交社
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
1
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ふるる

    ふるる

    雲南からチベットにかけて昔に切り開かれたお茶の道、ティーロードを述べ7ヶ月をかけて旅して行くエッセイ。

    エッセイというのが憚れるくらい、その道のりは今も厳しく(取材などは2006年あたりですが)また、中国茶(プーアル茶)を中心に話が進んで行くためその道に興味がある人にはとても参考になる本だと思います。
    著者が写真家なので写真も多く、文章以上に鮮明にその場所のイメージが膨らみ読んでいて楽しかった。
    チベットは2014年に行っているのだけど、その頃とは違う部分、同じ部分もあるので面白い。

    というか、行きたいなぁ…(o´ω`o)
    チベットもまた行きたいなぁ…。
    続きを読む

    投稿日:2019.04.26

  • じゅん@日記

    じゅん@日記

    雲南省の南からシャングリラを通りチベットまでの茶馬古道の旅の記録と写真集。
    街や自然の風景写真、お茶にまつわるエピソードなど豊富で非常に面白い

    投稿日:2019.02.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。