お徳用 愛子の詰め合わせ

佐藤愛子 / 文春文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
0
1
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • yoshinar

    yoshinar

    もう20年くらい前になるだろうか、佐藤愛子さんのエッセイをよく読んでいた頃があった。久々に読んだけど相変わらず勢いよくて小気味よく次から次へとページをめくっていける。
    「相変わらず」といってもこれは過去の作品を集めたもの。ほうぼうから集めてきて一冊に仕立てたものって統一感がなく寄せ集め的で、時間やテーマもあっちゃこっちゃいくのが多い印象なんだけど、この本はテーマで章分けしているし、年代もわりと集中(2005~2008年くらいが多いかな)していて本当に「お徳用」だった。続きを読む

    投稿日:2018.01.07

  • tokosan

    tokosan

    「お徳用」だけあって、大満足。
    北杜夫や遠藤周作ほかにも同人誌でともに文学の研鑽を積んだ仲間との交友録、家族、思い出の地について、などの短いエッセイ集。
    「面白中毒」愛子さんの文章は簡潔でユーモアたっぷり。理不尽な事には痛快に怒る。藤原正彦さん、野坂昭如さんとの対談も必読。続きを読む

    投稿日:2015.12.17

  • 文藝春秋公式

    文藝春秋公式

    【佐藤愛子の多彩でパワフルな魅力満載!】歯に衣着せぬ率直さと情にもろい人柄が伝わる各氏との対談、天皇家、お金、人生についての軽妙で深いエッセイ。お得がいっぱい!

    投稿日:2014.09.09

  • ねこにごはん

    ねこにごはん

    佐藤愛子さんはかなり昔に痛快な語り口が面白くてエッセイから入った。その後小説も読んだらこれまた面白かった。2000~2009年頃までのエッセイを集めたもの。頂きものの本で久々に佐藤さんに触れたが相変わらず歯に衣着せぬ物言いが可笑しくて笑った。多才だなあ。ハツラツだなあ。同年代の作家さんたちとの対談や手紙のやりとりも面白かった。佐藤さんの「老いはこうあるべき」という持論も素晴らしい。でも私、佐藤さんの対極にいるなあ。だから彼女に憧れるんだろうなあ。そういえば『血脈』未読だった。読まねば!続きを読む

    投稿日:2013.11.01

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。