パトロネ

藤野可織 / 集英社文芸単行本
(17件のレビュー)

総合評価:

平均 2.9
0
4
5
3
1
  • 期待して読んだだけに

    ちょっと期待していたのとは違いました.少なくとも私は途中でイラッとしてしまいました.
    文学的と言えば文学的かもしれないけれど,ストーリーを追っていくのが好きな人にはお勧めしません.

    投稿日:2013.12.08

ブクログレビュー

"powered by"

  • ただ

    ただ

    不思議なお話だったといえばそれまでですが。
    「パトロネ」は、妹の存在を認識することで、自らの孤独を意識する姉が起こす行動が妙に人間臭く、興味深く読ませていただいたのですが、途中で急に大きく変わる展開により、自分自身と見つめあっているのか、幻想を視ているのか、よく分からなくなり、私のテンションはやや下がり気味に。ただ、後半の展開が現実だとすると、なかなか怖いと思います。
    「いけにえ」は、自分の好きなものをしっかり持ってらっしゃる方のお話しで、私には、あまりグッとくるものは感じられませんでした。
    続きを読む

    投稿日:2019.12.12

  • may

    may

    「パトロネ」
    「いけにえ」

    2つの作品に共通しているなーと感じたのは、滑稽と言ってもいいくらいの寂しさ。
    恥ずかしくなるくらいの独りよがり。
    ちゃんと怖いし。
    怖い絵を観た後みたいな気持。

    すごいな。
    美人だし。
    彼女が美しいと思うものを知りたい。
    続きを読む

    投稿日:2018.01.01

  • solala06

    solala06

    パトロネとは、フィルムが収まっているあの小さな円筒形の缶のこと、だそうで。
    やっぱり藤野先生作品は世界観も何もかもが不可解なんだよなあ・・・気持ち悪いんだよな、どっかが・・・。
    どこまでが正気で誰までが現実なのか・・・。
    分からない・・・皮膚病怖い…。
    続きを読む

    投稿日:2017.10.25

  • むつお

    むつお

    妹と同棲することになった主人公。
    ある日妹は失踪し女の子が現れるーパトロネ
    悪魔を見た主人公はその美術館で働くことにするーいけにえ

    悪魔の末路が美しくて一番好きだった

    投稿日:2015.08.28

  • だだ

    だだ

    表題作「パトロネ」は一風変わった幽霊譚。中盤過ぎまではイメージの拡大や推測の拡がりができて面白いのだが、その後は終わらせることに意識が向かってしまっているのか、減速してしまうのが残念。皮膚病と心情をリンクさせたのは上手い。イライラ感が伝わってくる。パトロネって何かと思ったがアレだったのね。オジサンはパトローネと習いました。

    「いけにえ」は普通さ凡庸さに潜在する執着や狂気といった感じ。普通のオバサンの普通の美術鑑賞がツボにはまる面白さ。美術なんて分からないと言いつつもその観賞力はただ者では無い。コミカルな文章だがこの後の作品と比べるとまだ硬い感じがする。言葉の選び方がまだこなれていないからかな。こういう話は大好き。
    続きを読む

    投稿日:2014.10.22

  • zheshi-shanqi

    zheshi-shanqi

    このレビューはネタバレを含みます

    パトロネ、いけにえの2作だが、どちらの女性もよくわからない。
    不安定な感情のふたり。
    いけにえでは魔が出てきたり、その悪魔を捕まえて、切ったり、あぶったり
    挙句の果てには美術館の監視員もやめてしまう。
    女性の感情って、わけわかんないものなのかな。
    文章的には、なかなかいい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.01.08

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。