経済政策の射程と限界

神保哲生, 宮台真司 / SPA!BOOKS
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • eisaku0330

    eisaku0330

    2020/10/06社会学のレンジの広さ 神保哲生氏・宮台真司氏
    社会学者哲学者の視点は大きい

    経済学は科学の装いーその代償に矮小化
    アダムスミスは道徳哲学者
    道徳感情論 同感能力が社会構成人に備る
    国富論   神の見えざる手
    経済学には市場の外部性の前提がある
    社会学では経済学の主流争いは無意味=前提の違いだけ

    日本社会の問題 中枢が空 空気・天皇
    →「公」の概念がない
    既得権益のシフトができない 社会のダイナミズムない
    政治力=ゲバルトが機能せず 行政官寮に大ボス不在 
    コロナ・デフレの「大問題」には対応不能

    グローバリズムの中で、市場主義に対抗して
    「社会的共通資本」宇沢弘文・岩井克人→今こそ!

    特筆すべき章 
    北野一  賃金増→消費拡大→投資増加→経済拡大 非正規雇用は間違い
    浜矩子  経済の担い手は民間 アベノミクスは破綻し、恐慌へ
    小幡績  政治は国民国家「国体」→地元利益誘導 経済はグローバル「オリンピック」
    続きを読む

    投稿日:2020.10.06

  • murahara

    murahara

    新聞やテレビを見てるだけではちっとも分かる気がしなかったので読みました。
    難しいけど、論点だけはある程度読めてきたかな、と。

    投稿日:2014.03.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。