日本の火山を科学する 日本列島津々浦々、あなたの身近にある108の活火山とは?

神沼克伊, 小山悦郎 / サイエンス・アイ新書
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • mf2t

    mf2t

    http://public-errata.appspot.com/errata/book/9784797361308/

    投稿日:2017.03.22

  • おがちゃん

    おがちゃん

     小学校の時,日本にある火山群を「○○火山帯」などとまとめて呼んでいたことがありました。白地図に書きこまされた覚えもあります。また,「死火山」「休火山」「活火山」などという言葉もありました。習ったのかどうかは分かりませんが,普通に使っていました。
     今回の「御嶽山」の噴火を見て,「あれ,そういえば,何かの本に書いてあったぞ」と思って,本書を本棚から取り出してみました。ありました。
     第1章ー1「よみがえった死火山」より引用します。

    1979年10月28日,「木曾の御嶽山」と親しまれ,当時は「死火山」と考えられていた岐阜県の御嶽山(3067m)が突然噴火をして,地元の自治体をはじめ多くの人々を驚かせました。特に驚いていたのは,御嶽山を「死火山」と定義していた火山研究者たちでした。
    (以上,引用終わり)

     今じゃ,○○火山帯という言い方もしなくなったそうです。本書を読むと,「科学は進むんだなあ」と感じることでしょう。「活火山」の定義も見直されているそうです。「休火山」という言葉も使われなくなりました。今の言い方でいうと,御嶽山は,ランクBの火山だそうです。

    「火山を注視する1」というコラムの最後で,著者は,「火山へ登るときは,「生きている山」であることを十分に理解してから登ってください。」と指摘しています。
    続きを読む

    投稿日:2014.10.05

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。