竜馬がゆく(六)

司馬遼太郎 / 文春文庫
(125件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
64
36
12
0
0
  • 薩長同盟成立!

    幕府・新選組が厳重に警備を続けている京都に、竜馬・桂が密かに潜入。
    竜馬の必死の斡旋で、とうとう薩長同盟が成立した。
    その直後、幕府の刺客に襲われる竜馬。剣の免許皆伝の腕前を持っているが、重傷を負いながらも全く剣を抜かずに逃げ出すことに成功!
    まだまだ天は竜馬を必要としているのだ。
    カッコいいぞ! 竜馬!!!
    続きを読む

    投稿日:2016.03.15

  • 「坂本竜馬」が開花する瞬間に心震えます!!

    この巻にて「薩長同盟」の締結という大きな仕事をやり遂げます。

    この当時、「日本」という考えは乏しく、
    各藩を思い、自分の藩優先で皆行動しています

    所属するグループを優先するのは、当たり前ですが、日本というくくりが当時は希薄です。

    尊皇と言えども各藩の都合の上、封建制度の前提で行動しています。

    そんな中において、「日本」を念頭に置いた
    「竜馬」の行動は特出するものがあります。

    その皆に見えていない何を見ている雰囲気に
    西郷隆盛、勝海舟含めて皆は惚れたのかも知れません。

    また、この本の見せ場は、なんと言っても「薩長同盟の締結」です。

    そこに行き着くまでの、薩摩藩と長州藩それぞれの緊張感。是非、司馬遼太郎さんの語り口で読んで見てください。

    教科書では、一行の「薩長同盟」の奥に当時の歴史背景を前提としてどんな苦労があるのか。

    仲人の坂本竜馬は何が素晴らしいのか是非、感じてほしいです。

    是非、オススメの一冊です。
    続きを読む

    投稿日:2017.10.10

ブクログレビュー

"powered by"

  • fishbowl

    fishbowl

    7巻が読み終わって6巻を登録していなかったのに気づきました。6巻って、どんなだったかなあ。長編になると1巻前のお話も、昔のことのように思えます。読書とともに歴史を歩む醍醐味です。

    投稿日:2019.11.20

  • chifuyuk

    chifuyuk

    竜馬が本格的に動き出し、ついに薩長同盟を実現させる。改めてその凄さに敬服。そして寺田屋事件。よく知ってる話だが、よく死地を脱した。三吉慎蔵、大活躍! さらに薩摩への新婚旅行。これも知ってる話だが、改めて読むと面白い。
    いよいよ大詰めが近づいてくるのがちょっと淋しい
    続きを読む

    投稿日:2019.09.14

  • Bookrium

    Bookrium

    薩長同盟の締結を間近に迎え、幕府の緊張感が高まっている中での竜馬の無謀ともいえる奔放な行動は、一歩間違えば日本の歴史が変わっていたかもと思うと結末が分かっていても注意してやりたくなる。
    運も実力のうちと言うけれど、偉大な業績を残す人には強運も必要条件であるんだなあと思う。続きを読む

    投稿日:2019.08.10

  • とうとよ

    とうとよ

    刀では一人も殺さず、そして刀を抜くことさえしなくなり、新時代を象徴するような拳銃を手にした竜馬は、皮肉にもその拳銃で、初めて人を殺めた。
    とうとう竜馬が直接表舞台に立ちました。
    そしてその犠牲も今まで以上に大きなものが。続きを読む

    投稿日:2019.05.16

  • kiricco-kansai2

    kiricco-kansai2

    このレビューはネタバレを含みます

    本当にそこに竜馬や後藤象二郎、西郷がいるかのように表現されているので、時々一瞬そのまま描かれているように錯覚する。それくらい生き生きとしている。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.04.13

  • おにけん

    おにけん

    このレビューはネタバレを含みます

    2018/9 6冊目(2018年通算132冊目)。巻の内容は薩長同盟の成立に池田屋事件など。これを読む前に同じ作者の高杉晋作の話は読んだはずなのだけど、内容が思い出せない…。それにしても、西郷と桂、どちらも優柔不断過ぎる。龍馬が一喝しなければ薩長同盟も決まらなかったのではないかと思う。さて、話も佳境にはいってきて、大政奉還までどう進んでいくのか読むのが楽しみだ。感想はこんなところです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.09.25

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。