七つの大罪(32)

鈴木央 / 週刊少年マガジン
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
3
0
0
  • 捻り過ぎかなぁ

    個々の感情と背景が描かれ方が薄い。もう少し掘り下げてもらわないと、感情移入できないです。

    投稿日:2018.08.09

ブクログレビュー

"powered by"

  • MMD

    MMD

    このレビューはネタバレを含みます

    三千年の時を超え、聖戦ふたたび! リオネス防衛、魔神族掃討、キャメロット強襲。盟約のもと共に作戦を遂行する〈光の聖痕〉と〈七つの大罪〉。その全てを蹂躙せんと襲い来る魔神軍。総力戦は熾烈を極め、戦況は一切の予断を許さない。一方、野望に燃える「慈愛」のエスタロッサは暴走に暴走を重ね、その毒牙の矛先はエリザベスに!! いま戦いは神の領域へ──!!(Amazon紹介より)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.12.24

  • manap

    manap

    このレビューはネタバレを含みます

    三千年の時を超え、聖戦ふたたび! リオネス防衛、魔神族掃討、キャメロット強襲。盟約のもと共に作戦を遂行する〈光の聖痕〉と〈七つの大罪〉。その全てを蹂躙せんと襲い来る魔神軍。総力戦は熾烈を極め、戦況は一切の予断を許さない。一方、野望に燃える「慈愛」のエスタロッサは暴走に暴走を重ね、その毒牙の矛先はエリザベスに!! いま戦いは神の領域へ──!!

    まずはデリエリとモンスピート。この二人は結構好きだったので、せっかく改心したのに悲しい結末になって辛い。モンスピートは無口だけど男だったなぁ。
    エスタロッサはなんか不安定な感じはあったけど、いよいよおかしくなってきたな。聖戦は派手でいいけど、お互いに「やったか?」を繰り返すのもやりすぎるとちょっとしつこいというか、どうせまた逆転するんでしょ?って感じで緊張感が薄れる。
    エリザベスとエスタロッサで記憶に違いがあるのが気になるところ。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.09.20

  • やお

    やお

    "「それなら私も同じ
    私はずっと…ずっとメリオダスに護られ続けてきたわ
    彼がどれほど私のために血と涙を流し続けてきたかも気づかずに………
    そして今 私を救うため彼は自分の全てを犠牲にしようとしている…
    私はそんな彼の気持ちに報いるためにも 自分にできる精一杯のことをしようと決めたの
    彼があなたをどう思っていたかはわからないわ
    …けど大切なのはあなたが彼をどう想うかでしょう?」"[p.101]
    続きを読む

    投稿日:2018.07.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。