光る壁画

吉村昭 / 新潮社
(14件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
4
4
5
0
0
  • 久々に大満足の読書

    最近胃の内視鏡検査を受けたので興味を持って読んだ。さすが大御所だ。文章が淡々と簡潔で、決して感動を煽るような文体じゃないのに登場人物たちの情熱がちゃんと伝わってくる。公私の間で悩む主人公の設定はフィクションらしいが、これで開発物語として単調になるのを免れていると思う。終戦直後で物資も貧しく素材もまだ原始的なものしかなかっただろう。開発を支える職人たちの技は将来も絶対滅びてほしくないものだ。この人たちの努力が元になって様々な技術革新が私たちの健康や治療に貢献してくれていると思うと感謝の気持ちがわく。続きを読む

    投稿日:2016.08.22

  • 胃カメラに捧げた情熱

    胃カメラ発明に努力した男たちのストーリー。数々の失敗を乗り越えようとする情熱がある。今の自分に忘れていたことを教えてくれる。

    投稿日:2013.09.28

ブクログレビュー

"powered by"

  • jkrabi

    jkrabi

    胃カメラが出来るまでの話し。実話ベースの本に凝っていて読んでみる。ゴムホースや小さいカメラ、フラッシュを探したり作ってもらったり、犬での実験等は面白く読むが話し事態はそんなに。

    投稿日:2020.07.31

  • ともくん

    ともくん

    世界初となる胃カメラを作った男たちの記録。
    前例が無く、参考になるものが無い中でまったくの手探りの状態。
    失敗に失敗を重ね、それでも挫けることなく挑み続けた。
    挑み続ける姿は、格好良かった。
    これぞ、モノづくりニッポンの原点。続きを読む

    投稿日:2018.05.08

  • スリーピージーン

    スリーピージーン

    最近胃の内視鏡検査を受けたので興味を持って読んだ。さすが大御所だ。文章が淡々と簡潔で、決して感動を煽るような文体じゃないのに登場人物たちの情熱がちゃんと伝わってくる。公私の間で悩む主人公の設定はフィクションらしいが、これで開発物語として単調になるのを免れていると思う。終戦直後で物資も貧しく素材もまだ原始的なものしかなかっただろう。開発を支える職人たちの技は将来も絶対滅びてほしくないものだ。この人たちの努力が元になって様々な技術革新が私たちの健康や治療に貢献してくれていると思うと感謝の気持ちがわく。続きを読む

    投稿日:2016.08.22

  • flounder532002

    flounder532002

    胃カメラの開発の苦労に主人公の私生活が絡んで、生々しい展開が広がる。辛くとも打ち込めることがあれば、幸せである。2016.7.6

    投稿日:2016.07.06

  • totssan

    totssan

     吉村氏ならではのノンフィクション小説。今回は戦後、世界発の胃カメラを実現した話。オリンパスの技術者と東大医研の先生との協同研究の顛末については、かつてプロジェクトXでも取り上げられていたが、別の視点からの事実ベースの小説で、非常に引き込まれた。短い記述ながら、技術的にはまってしまい苦悩する様子がありありと浮かぶ。当時のなんでもありの風潮もあったろうが、彼らの一途な指向に驚嘆する。残念ながら今、こんなかたちで開発のできる技術者は国内には存在しえないかもしれないが、思想、発想、そして哲学は継承されうる。とても臨場感があり、今後のためにも読んでおくと良いと思えた本であった。続きを読む

    投稿日:2015.10.10

  • koochann

    koochann

    胃カメラを発明するまでの東大の宇治医師、及びオリンパスの深海社員など2人の社員の苦闘をドキュメンタリーに記録した小説は限界に挑戦する男たちのドラマであり、正にNHKのプロジェクトXを見るような思いがします。食道を通すゴム管、極小なレンズ、小さなカメラと極限を追求し、その次は胃の内壁とカメラの距離を一定に保つための工夫がなんとコンドーム。そしてカメラが胃のどの患部を撮影しているかをどうして掴むかなどの難しいテーマが次々と襲ってきますが、偶然にも救われたことが分かります。深海社員を仮名の曽根という人物にして箱根の旅館の跡取りでありながら、若い妻に女将として旅館経営を任せ、仕事に忙殺されるというフィクションであることが最後に明かされますが、研究と妻とのプライベートな生活の往復描写がこの本のアクセントも高めてくれています。続きを読む

    投稿日:2013.08.16

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。