作家の顔

小林秀雄 / 新潮社
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
0
4
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Keito

    Keito

    全集の方に載っていた菊池寛先生についてや中原中也等重複するものもあつたが、改めて彼の見た作家たちの姿に触れてみる。
    作家の生活と作品の乖離や矛盾についてはよくよく取り上げられるし、作品と個人的な出来事はよくよく結び付けられて論じられる。そして、時に生活が作品を規定するかのやうに、あたかもその人間の個人的な出来事を知れば作品がわかるかのやうに振舞はれる。
    作品は作家の顔だ。人間を見つめるとき、顔を見ないで接することなどできやうか。意地汚い人間は顔に意地汚さがにじむ。聡明さはそのことば、表情に現れる。生活と作品がそも矛盾するものなのか。そもそも矛盾のない生活などありうるのか。それぞれがその矛盾に折り合いをつけ、世の中との接点を見出すそれこそが、人間のさくひんではなからうか。
    そこを矛盾をないやうに隠さうとしても必ず顔ににじみ出る。それが現れないやうな作品だとするなら、そんな作品は読む価値がない。頭で拵えられた実体のない空虚な言葉だと思ふ。
    小林秀雄がそのご縁の中で出会ひ、関わつてきた人間たちにもそれぞれの生きた時間、血肉、痛み、苦しみ、喜びも悲しみ、みんな宿つてゐる。彼はさうしたものたちをただただ拾ひ上げ、抱き留めてゐたいのだと感じられる。ひとが残す唯一の無二の、魂に触れるそんな作品、ひとびとを求めてやまないのだ。それが彼の顔であり、評論といふ彼の作品だ。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.23

  • yoshidamasakazu

    yoshidamasakazu

    小林秀雄 「 作家の顔 」 作家論〜批判あり、尊敬あり、友情あり、感傷ありの作家論。打ち消し文や 難解な言葉が多くて 読んでいて 疲れるが、たしかに 面白い。

    作家の実生活から 思想や著作の主題を抽出して 作家論に展開している感じ。

    面白くて 興味を持ったのは 菊池寛、林房雄、イプセン「ヘッダガブラー」、パスカル「パンセ」、チェーホフ、ニーチェ。

    ランボオ、富永太郎、中原中也 の批評は 感傷的。興奮や哀しみの中で一気に書いた感じ

    顔の意味(解説 江藤淳 )
    *顔=心眼に映った精神の相貌
    *他人=自分を映す鏡→作家の顔=小林秀雄自身の顔

    正宗白鳥 との 思想と実生活 論争
    *人間とは何物でもない、作品が総て
    *作家とは人心をむしばむ仕事
    *あらゆる思想は 実生活から生まれる
    *社会秩序とは 実生活が思想に払った犠牲

    チェーホフ論「人生は 海苔巻きみたいなもの〜海苔は 思想とか...文士の好きな物質で出来ていて、人生は こいつにぐるりと巻かれている」
    続きを読む

    投稿日:2019.01.06

  • 高月

    高月

    「彼は詩人というより寧ろ告白者だ」「それは確かに在ったのだ。彼を閉じ込めた得態の知れぬ悲しみが。それをひたすら告白によって汲み尽そうと悩んだが、告白するとは、新しい悲しみを作り出す事に他ならなかったのである」

    『中原中也の思い出』は中也ファン必読。
    同じく収録されている追悼文『死んだ中原』は身悶えするほど胸を締めつけられる。
    続きを読む

    投稿日:2011.02.24

  • カサノ

    カサノ

    中原中也関連だけ読んで、多分そのまま。
    久世光彦さんの中也論が好きなので、何となく、彼の言葉が白々しく見える。
    面白いですが。

    投稿日:2010.02.14

  • アンダルシア

    アンダルシア

    ランボオに関する記述が好きだ。人っていうのはそりゃあ恐ろしく理解できない部分を持っている。ボクがボク自身でもあまり理解できない部分を持っていて。なんでさっきまでみんなとカラオケをしてぶっ飛んでバカ騒ぎをしていたのに。バイバイした後。喫茶店でおもむろに。読みかけのランボオを開いているのかと。そこでなぜランボオかと。これは何かの間違いじゃないかと。そう思うときが正直ある。あまり自分を肯定できない瞬間だ。でもこの本には救われた。人々は品物に惚れこむと心の裡に他人にはわからぬ秘密を育て上げるものだ。と。さらにこの秘密は愚かさと共に棲みながらもっとも正しい事情をつかんでいるのを常とする。最後に。人間の心の豊かさとはただただこの秘密の量である。続きを読む

    投稿日:2009.04.29

  • くろなが

    くろなが

    小林秀雄の作家論集。語られる作家たちに一人でも興味があれば、おすすめ。
    『中原中也の思い出』と『死んだ中原』のために買った人間もここに。
    ただ、収録する評論の選択はやや強引な感も。

    投稿日:2004.10.05

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。