シモネッタの男と女 イタリア式恋愛力

田丸公美子 / 文春文庫
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 文藝春秋公式

    文藝春秋公式

    【“シモネッタ”がとらえた人間劇場!】イタリアで、日本で“シモネッタ”が出会った忘れられない男と女。ユーモア&ペーソスたっぷり6つのエッセイ。縁は「伊」なもの?!

    投稿日:2014.09.09

  • ロカ★トン

    ロカ★トン

    イタリア語通訳の著者の友人エピソードをまとめたエッセイ。
    短編集を読んでいるような感覚。とくに最終章の米原万里さんとの最後の交流は泣けました。米原さんの華やかさ、知性、この人はこんな人だったんだろうなあというのが伝わってくる文章でした。
    彼女あっての自分、と謙遜する著者ですが、ユーモアのセンスが抜群で、とくにとっさに洒落で言葉を返せるのはさすがだな、といつも思います。
    続きを読む

    投稿日:2013.05.21

  • kazyx

    kazyx

    イタリア語通訳として知り合ったイタリア人男女の物語り。取り上げたイタリア人達の老後に触れられているのと、著者の寄る年波のせいか売り物のユーモア&ペーソスのペーソスの割合が断然高くなってきている。巻末に描かれた友人米原万里さんの最後の日々が哀しい。続きを読む

    投稿日:2013.04.30

  • wikp

    wikp

    田丸さんが、米原さんの最期を書いてくれて(おかしいかもしれないけど)感謝しています。
    ありがとうございます。

    投稿日:2013.04.06

  • nobi

    nobi

    すべて読み終わって、改めてタイトルに返り「男と女」の物語であったと再認識。
    異文化と個性が強い登場人物の話に引き込まれがちだが、恋愛に関する深い真理が一貫して描かれている。
    それでいて恋愛に関しては、親友・米原万里さんと明け透けに話さなかったと言う記述があり、胸が熱くなった。続きを読む

    投稿日:2013.03.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。