ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8

大森藤ノ, ヤスダスズヒト / GA文庫
(18件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
3
9
5
0
0
  • How old is フィン? He is ●● years old!

    ベルの周りにいる人たちのちょっとした恋愛集です。
    本編のストーリーには関係がないので、買うか悩んでいる人は無理に買わなくても問題ないかと…。
    でも、普段なら見えづらい人物たちの内面が分かるので愛着も沸いてきます。
    今まで以上に「ダンまち」に染まりたい方は読むべし!

    ■掲載作品
    ・命:天然ジゴロ&元主神タケミカズチへの顔面ケーキパンチ
    ・リリ:ロキファミリア団長フィンからの縁談申し込み
    ・ヴェルフ:クロッゾ一族への禊と元主神ヘファイトスへの告白挑戦状
    ・シル:プライベート大公開。単なるぶりっ子じゃなかったんだ
    ・エイナ:ベル君は私にとって…
    ・ベル:神様との恋愛はない!根底にある失うことへの恐れ

    外伝も読んでいる私にとってのイチオシは「リリ」ですね。
    団長フィンの年齢と若さを保つ理由が明らかになるので。
    #化粧品や整形はしていないので…。
    続きを読む

    投稿日:2016.07.01

  • 主人公の周りの人物に焦点

    物語は国家系ファミリアである軍神アレス率いるラキア王国がオラリオに攻め込んで来るところから始まりますが、まあ、この辺りはコメディですね。一国が一都市に攻め込んでいるのに、そちらの話はどちらかというと刺身のつま程度の扱いで、オラリオの日常、全体的には恋愛がらみのお話です。

    リリの覚悟、命(ミコト)の恋慕、ヴェルフの決意、エイナさんの憂鬱、シルさんの事情、神と人との関係の在り方といった所でしょうか?

    表紙の人物たちの掘り下げが中心の一冊になっていますが、次巻以降に影響してきそうな伏線も出てきます。
    続きを読む

    投稿日:2015.10.26

  • 短編集みたいな(^-^)/

    都市に攻め込む軍勢そっちのけで、各キャラクターに絞り込んだショートストーリー集です。テーマは愛ですかねぇ。

    各ストーリーのメインはそれぞれ命、リリルカ、ヴェルフ、エイナ、シル、ヘスティアの表紙の6人
    各ストーリーごとに違った愛のかたちが示されていて面白かったですね。自分のお気に入りはやっぱりヘスティア様のストーリーですかね。普段はダメダメな言動が目立つものの、決めるときにはしっかりとキめる。流石は神様ですね。
    続きを読む

    投稿日:2015.09.26

  • リリの短編が好き

    基本的に色んなキャラに注目した短編が6編入った感じのものになってます。(注目されてるキャラは表紙の6名)
    内容としては全体的に色んなキャラの恋模様を描くような感じです。え、あのキャラってそうだったのかみたいなのがけっこうあり、楽しめました。また、恋模様以外の部分でも意外なキャラの関係性などに驚かされるところが多々あり、楽しめました。
    特に個人的にはリリの短編などがよかったです。リリの乙女な感じも可愛かったし、ベル君らしさもでていて楽しめました。また、あのキャラの意外におちゃめな感じなども面白かったです。
    また、ほぼ独立した一冊といえますが、11巻などとはつながっている部分もあるので、一応読んでおくとよいかなと思います。
    続きを読む

    投稿日:2016.12.29

  • 本筋からはちょっと逸れて…

    サブストーリーの短編集的な感じの8巻目。全体としてのボリュームは多めです。
    各キャラクターの恋愛観が主なテーマで、外伝のような一冊となっていますが、本編的にも重要な話がちらほらあるような、無いような…

    正直、この巻を読まなくても次巻(9巻)は問題なく読めてしまいますが、今後回収される伏線があるかもしれませんし、読んでおくのが無難かと思います。
    続きを読む

    投稿日:2015.09.26

  • 日常編だと思って油断したらこれだw

    戦闘が続いたので軽めの日常編を送りますとか言っていた作者でしたがフタをあけてみたらとんでもないボリュームw
    ベル以外のファミリアの恋愛事情、謎だったシルさんの日常、エイナさんの冒険者に対するスタンス、ヘスティア様メインの神様と眷属の恋愛模様について書かれています。
    軽い話かと思ったら各話すごい内容が濃くページ数もすごいことにw
    戦闘もあるのでバトル描写好きの人も満足ですねw
    続きを読む

    投稿日:2019.03.10

ブクログレビュー

"powered by"

  • まさし

    まさし

    このレビューはネタバレを含みます

    待ち望んでいたダンジョン探索は、今回もお預け。今回は神様と眷属たちの恋愛にスポットを当てた物語ですが、ダンまちで心に響く言葉を聴くとは思いもしませんでした。
    神という畏怖や信仰の対象となる存在に恋心を募らせるのは兎も角、その思いを成就させようとするなら、相応の覚悟が必要となります。
    そんな覚悟をベルくんに持たせた言葉に、大変感銘を覚えました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.07.11

  • kojoma

    kojoma

    このレビューはネタバレを含みます

    短編集的な1冊。
    半分ぐらい読んでそこそこ面白かったけど、途中でだれて読むのやめたw

    しかし、神々と一般人の恋愛ってありなんか…
    神と人間のハーフとか出来るんだったら胸アツだけどなんか無理そうだし、生産性ないと思うけどなあ。
    好きになったらそんなの関係ないんだろうか。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.11.21

  • nur1202

    nur1202

    恋愛エピソードをまとめた短編集。
    まぁ、もともとぼんやりとした恋愛要素はあったのですが、ここでは割とストレートに書かれていますね。
    全エピソード、それぞれに良かったけれど、「とある女神の愛歌」が、もう涙目もので。
    ヘスティアさまって神様だったんだなぁって感心しました。(^^;
    続きを読む

    投稿日:2016.08.24

  • 七祈

    七祈

    街のすぐ外でロードオブザリング並みの大戦争をしているとき、街の中ではいつもと変わりない日常のドタバタ劇が繰り広げられている―という温度差の激しい第8弾。今回は短編集ですね。

    どれも恋愛要素が絡んでいる短編で、これまであまり焦点のあてられていなかったサブキャララクター達の話になっていますね。とはいっても、最終的にはベルとヘスティア、そしてアイズにスポットが当たり、それに外の戦争が絡んでくることになる、と。

    これほど緊迫感のないチャラけた戦争話を読むのは久しぶりですね。動員人数だけ見ても大規模相当になる戦争で、無人兵器を使うわけでもないのに人が全く死なない戦争とは斬新な設定だと思いました。
    続きを読む

    投稿日:2016.07.23

  • asaitatsuya

    asaitatsuya

    軍神アレスとその眷属によるオラリオ侵攻の話を軸に、6つのショートストーリーが詰まった巻。結果として500ページ超の大ボリュームとなった。ヴェルフや命といったヘスティア・ファミリアの面々だけでなく、ロキ・ファミリア団長のフィンとか、エイナ、シルといった脇役もフィーチャーされていて、いつもとは違った面白さがあった。最後の話では「神様の愛は一瞬」という哲学的(?)な名セリフも飛び出して、ダンまちの世界観が一層魅力的になったことは間違いない。続きを読む

    投稿日:2016.03.02

  • かりおん

    かりおん

    今回は前回の予告の通りに短編集.
    で,恋愛話成分多めですね.
    ってかほぼほぼ恋愛話.
    神とヒトだったり同族だったり
    ベル君とその準ハーレムな皆さんだったり.
    面白かったよ.
    ヴェル某くんと鍛冶神さんの話が良いね.
    あの蕩けてる感じが.
    いやー,面白かった!
    これで一応第二部完だそうですが
    最後になんだかでっかい爆弾が置いてあったというか
    フラグを建立したというか….
    続きも気になるぜ!
    続きを読む

    投稿日:2015.11.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。