R.O.D ―第三巻― 【書き下ろしイラスト付】

倉田英之, スタジオオルフェ, 羽音たらく / 集英社スーパーダッシュ文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
3
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 永杜

    永杜

    オニバムス短編集。

    時系統に並んでいるわけではないですが
    読んで行けば『どこ』なのかは分かります。
    しかし先生…最初と最後の落差が激しい。
    そして、読み専の人は書く人にはなれません…。

    応募した2名は、なるほどな結末でした。
    作家である『先生』の書いた本の評価はともかく
    どうしてこう…猟奇的な『ファン』が多いのか。

    そして最後。
    なぜサイン会にあんな状態で駆けこんできたのか。
    無人島に何を持っていきますか? の問いに
    本! ときっぱり答えられる人種だと
    再確認いたしました。
    続きを読む

    投稿日:2015.11.26

  • cohzirow

    cohzirow

    各々の個性を活かし、連結しているが主人公の異なる三部構成の短編集。
    アニメで出てくる台詞や言い回しが、至る所に混ざっていて、読んでて楽しい。
    でも全体的にアッサリしてたかな。もう一捻り欲しいところ。
    でもこういう感じで日常が読めるのはとても良い。
    タメ口で話す読子やウェンディが新鮮で良い。
    続きを読む

    投稿日:2014.04.16

  • たいと

    たいと

    ウェンディ登場!
    表紙と口絵でなぜメイド服なのかと思ってたら、理由はエピローグに。
    ジョーカーグッジョブ!

    作中に出てくる作家、クライブ・カッスラーっていうのは、実在のクライブ・カッスラーとは違うのか。
    実在の方はアメリカ人みたいだし。
    続きを読む

    投稿日:2011.07.01

  • natsume15

    natsume15

    3人のキャラクター、それぞれを中心に据えた短編集。
    それぞれ、一応独立した話になっているが、ある部分でつながりのある3篇。

    投稿日:2010.12.02

  • hisa-i

    hisa-i

    シリーズ3冊目。前2作は長編だったが、この本は3人のキャラをそれぞれ中心に据えて、話のつながっていない短編3作をまとめた本になっている。それぞれ中心に据えたキャラの性格がよく分かる話になっていて、どれも読ませる作品になっている。続きを読む

    投稿日:2010.11.12

  • 西崎乱平

    西崎乱平

    TV版から入ったクチなので、噂には聞いていたものの、やっぱり若き日のウェンディが新鮮でした。あーゆードジっ娘、大好きですね〜(笑)

    投稿日:2010.10.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。