【感想】シンデレラ迷宮

氷室冴子 / 集英社コバルト文庫
(28件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
13
9
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • chikachan

    chikachan

    「朝、目覚めたら、あたしの部屋とは似ても似つかぬやけに古びた館にいた。。。」主人公利根はそこで”ソーンフィールドの奥方“、”暁の国の王女“、”湖の国の舞姫“、”王妃”と出会う。読書好きの女の子なら1度は読んだはずの本の登場人物の陰の部分を描いた作品。物語の最後利根が現実と向き合う様がほっとする。続きを読む

    投稿日:2018.02.11

  • もーゆう

    もーゆう

    再読。
    登場人物をうっすらと覚えていたけれど、肝心のストーリーはすっかり頭から抜けてました。
    ビックリ!こんなシリアスだったっけ?!
    随所で胸の痛くなる思いでした。

    でも、不思議と読む手が止まらない
    次は次はと気になる展開。
    さすが氷室冴子さん。読み手を飽きさせないのが魅力的です。
    続きにあたる「シンデレラミステリー」も気になります。
    続きを読む

    投稿日:2018.01.29

  • 前太ハハ

    前太ハハ

    小中学生の頃、著者の作品が大好きでした。
    (私の読書人生は、若草物語と氷室冴子作品から始まったのです)

    先日ジェーンエアを再読したのですが、そもそもジェーンを読むきっかけはこの作品にジェーンが登場し、どんな作品か知りたくなったからでした。
    そのことを思い出し、こちらも再読してみました。。

    ・・・30年以上前に感じた感動がよみがえり、感無量です☆
    コバルトだからって全くバカに出来ません。大人の私が今読んでも名作。

    繊細で内向的な女の子が、白雪姫の継母、白鳥の湖のオディール、眠れる森の美女の姫などが登場する別世界にトリップしてしまい、彼女らと関わりながらなぜここにトリップしてしまったのかを深く探るうちに、自分の内面と向き合い、救われない自分の絶望から乗り越えようと成長していく、そんな物語です。

    今の子にも読んでもらいたいなあ。
    冴子作品、どんどん読み返してみたくなりました。
    続きを読む

    投稿日:2017.11.10

  • よだきんぼ

    よだきんぼ

    10代から20代前半くらいに読みまくった氷室冴子。なかでもこのシンデレラシリーズが一番好きだった。今でもたまに読み返す。

    投稿日:2016.04.03

  • たまさく

    たまさく

    懐かしかった!
    大人になってから読むと、痛々しさが先に立ってしまったけれど、この本を中学生の頃に読めてよかったなぁと、あらためて思った。

    投稿日:2016.01.04

  • Rei

    Rei

    ♪あらすじ

    昔、どこかで会ったことがある物語の中の登場人物たち。
    でも、どうしてなの?
    みんな、不幸な顔をしている…。
    白雪姫とその継母の王妃、「白鳥の湖」のオディールとオデットなどが登場する迷宮の世界。

    ♪感想

    昔小学生の時に読んで、深い男女関係の機微が解らず、当時は全く面白くありませんでした。
    それでも心の片隅に魅力を感じていたのかもしれません。
    大人になって無性に読みたくなり、オークションで探して手に入れました。
    大人になった今、思ったより難しい本ではなくなっていたけれど、おとぎ話の主人公たちの恋愛の悩みがとても考えさせられます。
    とても切ないお話です。
    思いっきり私情が入りますが星5つです。
    続きを読む

    投稿日:2015.02.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。