国家の危機と首相の決断

塩田潮 / 角川SSC新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 1213430番目の読書家

    1213430番目の読書家

    2012/12/24やや駆け足で読了。11の危機の中で積極即応型で成功したのは、たった2つ(83大韓航空機墜落の中曽根と同時多発テロの小泉)。やはりこのふたりですね。★4

    投稿日:2019.09.02

  • H.Sato

    H.Sato

    中曽根は後藤田を官房長官にした理由として、行革の断行と危機管理ができる人を据えた。
    後藤田は突然の危機や緊急事態での判断と決断という非常時の経験を数多く積んできた、危機管理のプロとしての識見と力量と手腕を中曽根から高く買われていた。続きを読む

    投稿日:2013.03.19

  • kun92

    kun92

    それぞれのエピソードは面白いが、本としてのまとまりはどうかのう。
    前書きと後書きを一緒に読まないと本にならない。
    結局、日本の政治家に危機管理と言うのは極めて難しいと言うことではありそう。

    投稿日:2013.01.29

  • Keiji52

    Keiji52

    12.12.24 やや駆け足で読了。11の危機の中で積極即応型で成功したのは、たった2つ(83大韓航空機墜落の中曽根と同時多発テロの小泉)。やはりこのふたりですね。

    投稿日:2012.12.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。