もう二度と離さない

樹生かなめ, 奈良千春 / 講談社X文庫ホワイトハート(BL)
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
1
6
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • sesami7

    sesami7

    ・最初から甘々の普通っぽい展開かと思いきや、途中でどんでん返しがありびっくり。
    ・とても普通とは言えない攻めの人。

    投稿日:2014.08.12

  • 【静】

    【静】

    巻の半分ぐらいまでは、「金銭的に恵まれ何の悩みも無い甘々なバカップル?よろしくやってくれよ。もぅ。」と、横目で見てましたが、唐突に催眠術が出てきたあたりから(何故に画家が催眠術?と思った^^;)様子が一天にわかに掻き曇り、激変でビックリww。「雨降って地かたまる」「終わりよければ全て良し」なのか?これだけ過激に酷い事されてるのに全然全然エロさを感じないフシギww。続きを読む

    投稿日:2013.09.01

  • 那義乱丸

    那義乱丸

    ブロ友さんのレビュで興味を持ち読んでみましたが、これは…っ!すごく好き!前半の甘々な流れに唐突に出てくる設定の意味するものが何なのか考えながら読んでいて、その指し示す先に気づいた時、戦慄が走りました。以降、自身の内臓の温度が下がるのを感じつつ一気読み。後半、登場人物たちの心情が理解できたのも前半の展開があればこそなので、物語のこの構築の仕方はさすがです。そして、登場人物との独特な距離感のある樹生さんの文章ならではの味わいでもありました。ただ、読み手を選ぶ作品なのではないかとも…。続きを読む

    投稿日:2011.02.17

  • 流

    日本画の大家を父に持ち、美貌と才能に溢れる若き洋画家・佐伯渓舟は、助手であり恋人でもある相良司とともに暮らしている。
    小さなトラブルが起こることもあるが、強い絆で結ばれているふたりは幸せな毎日を過ごしていた。
    そんなある日、司の過去を知る男、そして渓舟の過去を探る男が現れたことにより、平穏な生活は少しずつ狂い始めていき…。

    ================

    最初は攻めがメッサ受けの事が好きで、純愛で、お互い思い合ってるんだな…
    と思ってたのに…。
    トラブルをきっかけに…いろんな過去の事が出て来て話が180°回転しましたよ!!
    チョットダーク?でしたが私は好きなお話でした♪



    続きを読む

    投稿日:2008.11.23

  • 摩緒

    摩緒

    シリアスな樹生作品を堪能できます。

    催眠療法で過去を忘れ、恋人と幸せに暮らす中に
    過去を知る者が現れ、息詰まる展開が楽しめます。

    投稿日:2008.06.22

  • サボカン

    サボカン

    あらすじ:日本画の大家を父に持ち、美貌と才能に溢れる若き洋画家・佐伯渓舟は、助手であり恋人でもある相良司とともに暮らしている。小さなトラブルが起こることもあるが、強い絆で結ばれているふたりは幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、司の過去を知る男、そして渓舟の過去を探る男が現れたことにより、平穏な生活は少しずつ狂い始めていき…。
    続きを読む

    投稿日:2008.05.14

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。