恐慌脱出―危機克服は歴史に学べ

安達誠司 / 東洋経済新報社
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 坂本 龍

    坂本 龍

     リフレ派の安達 誠司の著作。金融政策のあり方から30年の世界恐慌を見ているので、中学高校の教科書のルーズベルトによるリフレーション政策を「歴史」的に眺め返すにはいい参考になる。
     著者によれば、ルーズベルトのTVAやニューディール政策より当時のFRBの金融緩和政策の方が、奏功したとする。そのような観点から眺めた経済本は、中々見かけないので、その点が鮮やかに描き出されることになる。
     
     著者や非金融政策派の門倉 貴史の本では、EUの東欧がスエーデン、アイスランド、などからの融資と引き上げが東欧を経済破壊に向かわせたとしている。
      
     安達 誠司は、EUのの方が、米国より金融危機の影響が大きいとしているが、その見方も至極正当であるのだろうと思う。いずれにしても、実務家が書いたので、EUの方の有様が現実として描き出されていて、参考になった。
    続きを読む

    投稿日:2009.11.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。