東京いいまち 一泊旅行

池内紀 / 光文社新書
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 2.8
0
0
5
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • pumpkindad

    pumpkindad

    近所ながらもホテルに宿泊し、決してメジャーではない場所も含めて旅する紀行文。
    軽妙な文章に乗せられて、ちょっと風景を確認しに現地まで行ってみたくなった。

    投稿日:2017.05.27

  • yn1124

    yn1124

    おもしろない。
    「へーっそんなところあったんだ、気がつかなかったなあ」という新しい視点も、
    「そうそう、あそこいいよねえ」という共感も、両方得られない。

    投稿日:2014.01.13

  • detaki

    detaki

    書店でたまたま見て購入。
    著者が東京のいろいろな街を歩き、歴史の薀蓄とともに語るエッセイ。
    自分の家の近所でも、この人が歩くと興味深く見えるのだろうな、と思った。
    今度、近所を散歩をするときは、歴史や地名の由来を調べてから歩いてみよう。続きを読む

    投稿日:2013.05.04

  • 羊さん

    羊さん

    このレビューはネタバレを含みます

    池内さんが気になった都内の面白どころを一泊で訪ねる。
    泊まる必要は全然ない距離ですが、何が何でも泊まる、自宅に帰ったほうが早い、と思っても泊まる。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.02.08

  • papalagi

    papalagi

    "新幹線や航空チケットに大金を費やす必要がない。近くで一泊こそ、こよなくゼイタクな旅ができる。"というコンセプトが面白い。特に『一日静養・蒲田』が気に入った。歴史の話が多くて文章にはのめり込めなかったけど、こんな旅行の愉しみ方もいいなぁと思った。

    "未知という点では電車で30分であろうと、飛行機で10時間であろうとおなじこと。期待と不安であって、しばらくキョロキョロしながら佇んでいた。"
    続きを読む

    投稿日:2012.11.24

  • kawafm

    kawafm

    東京に住んでいながら、ひとりで東京に「一泊旅行」する。自由気まま、足の向くまま。ああ、こういう散歩もいいな、と思わせるのは、池内さんの見栄を張らず物事にこだわらない人柄と文章のためだろう。宿選び、食事の店選びなど、旅慣れた人ならではの薀蓄もあり。続きを読む

    投稿日:2012.10.18

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。