ジョジョの奇妙な冒険 第7部 モノクロ版 6

荒木飛呂彦 / ウルトラジャンプ
(14件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
3
5
5
0
0
  • 独特の世界観が..

    この人の本、独特の世界観がイイですね。
    海外でも高評価みたいですね。
    最初の頃は週刊ジャンプで読んでました。
    このひとつ前あたりからマンガから離れてしまって
    初めて読むので楽しみです。

    投稿日:2013.11.12

  • ジョジョの感想

    ジョジョ3部が一番好きなのですが
    買ってみた
    ここまでは2や3と別物

    味見のために6部に戻ってみます(笑)

    投稿日:2013.11.25

ブクログレビュー

"powered by"

  • nyonboo48

    nyonboo48

    3rd.STAGEの目的地キャノン・シティで思い出したけど昔キャノンボールって映画あって、あれもアメリカ横断レースだったなと思いだした。第6部の「宇宙」も驚いたけど「恐竜」とはね! そしてディオの区別は体表の柄(笑)。緊迫感が高まっての幕はほんとにうまい。続きを読む

    投稿日:2018.09.23

  • りん

    りん

    もう、理屈なしにノンストップです。
    DIOになにが起こっているのか。話をちゃんとおいかけられている人はいるのでしょうか。

    …わたしには、無理です。

    でも、宝物争奪戦になって、加速して、そしておもしろい。続きを読む

    投稿日:2014.09.11

  • radio24km

    radio24km

    このレビューはネタバレを含みます

    面白いけど、話を色々と盛り込みすぎな感じだったり、行き当たりばったりな感じもするかなぁ・・・。でも、とりあえず次!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.02.28

  • akg333

    akg333

    この巻を読んだ全国のジョジョファンは「ディオどうした」と口にしたに違いない。
    誇り高き精神を母から受け継いだのかもしれないけど、彼、この回想があってから奇声しかあげていないよね。
    もっと後半とかに回想をとっといてもよかったのでは。荒木先生。

    ジョニィはやっと”ジョジョ”らしくなってきた。
    成長して行くという意味では除倫と同じタイプ。
    承太郎なんかは最初から完成されていたしw
    続きを読む

    投稿日:2011.12.10

  • domarin

    domarin

    このレビューはネタバレを含みます

    再読時登録。荒木先生は日常から急にパニックに陥る時の演出については特に上手いと思う。恐竜なんてもんをスタンド能力として持ち出してきたことは正直素敵すぎると思える。相手との会話が無いパニック感を乗り越えていく感覚はたまらない。遺体のありかの謎解き要素も合間って盛り上がるところが多いのも見物。
    ディオの生い立ちの話もなかなか興味深いのだが、ここに置いた理由はよくわからないんだよなぁ。結果的に見るとミスリード狙いもあったのかもしれないが、ディオのここでの行動は「ディオらしい」行動ではない訳だし、もっと後のディオの欲望全開のところの直前くらいで読みたかった感がある。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.09.29

  • shikachanman

    shikachanman

    ジャイロとジョニィ、ディオのスタンドで恐竜になりかけ。
    死体の一部である眼球を見つけるも、ディオに盗られてしまう。

    投稿日:2011.09.26

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。