外天楼

石黒正数 / 文芸第三
(158件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
61
58
20
3
0
  • サスペンス、ミステリ、SF、ホラー? いや、シュールギャグ?

    面白い。奇想天外な発想に舌を巻く。ショートショートかと思いきや… アホな展開かと思いきや…

    裏切ってくれる。

    この方の作品、実は初めて読ませて頂いたが、ほかの作品(ネムルバカ・響子の父など)と比べ、全然雰囲気が違うところが凄い。
    というか、タイトルのように、いくつものテイストを調和させてるのが凄い。凄いしか言ってない凄い。引き出しが凄い。

    ということで、ちょっと不思議な漫画にご興味あれば、ぜひ。
    続きを読む

    投稿日:2016.11.04

  • SFマンガ

    短編集かと思ったら連続したSFマンガでした。巻末で講談社のメフィストに掲載されていたことがわかり納得。ミステリやSF好きの読者にむけてかかれた作品です。絵柄はスクリーントーンを多用しないしっかりとしたデッサンで、藤原カムイや大友克洋にちょっと似た感じがあります。いしかわじゅんが紹介していたので手に取りましたが面白かったです。続きを読む

    投稿日:2016.08.23

  • とても面白いギャグ漫画だあ

    1話1話で独立した話なので、読みやすいし、会話のやり取りが面白いです。
    ギャグ漫画が好きな方は是非読んでみて欲しいですね!

    投稿日:2015.10.27

  • ミステリ

    ネタバレを知らないまま読んだ方が良い作品です。
    徐々にぞわぞわ出来ます。

    個人的に読後感由来で★4としたいです。

    投稿日:2015.04.01

  • まるでパズルのように組み上げられた物語

    外天楼と呼ばれる建物を舞台に繰り広げられる、オムニバスミステリーです。
    エロ本探索に燃える少年たち、ロボットを巡る法律、そして殺人事件。
    それらの物語がやがて一つに収斂していきます。

    読後感はあまりよろしくないものの、物語の構成そのものでカタルシスを得た……そんなタイトルでした。
    少年たちのエロ本への情熱が暑苦しいスタートから、「思えば遠くへきたもんだ」というオチのつき方。
    でも過不足ない伏線の張られ方で、「ああ、そういう物語だったんだ」とすこんと納得できます。
    それにしても、小説とは違う、漫画ならではの伏線の張り方は勉強になった。
    ネタはSFですが、ミステリー好きにお勧めする一冊です。
    続きを読む

    投稿日:2014.04.19

  • 前作からの変化も愉しむ

    石黒正和の『ネムルバカ』に笑わされた人も、『それでも町は廻っている』に興奮した人も、本作は他作品とはひと味ちがったテイストで世界観がつくられていることに驚くでしょう。「外天楼」という建物を舞台に妙な人たちを描いた短編集なのですが、ラストで、一編ごとにばらまかれた伏線がカチッカチッと心地よく頭の中で繋がっていく快感が味わえます。エロ本を買おうとする中学生、特撮ものの描写の戦闘員、人型ロボットを手に入れた一人暮らしの女性…一編一編だけを見ても、特異な設定の石黒ワールドにぐいぐい引き込まれます。(スタッフO)続きを読む

    投稿日:2013.09.20

ブクログレビュー

"powered by"

  • stkmdf

    stkmdf

    このレビューはネタバレを含みます

    才能が有り余ってる感というか、溢れ出てるというか。
    設定なども興味深いのだけれど、何が面白いって会話劇。この作者さんの漫画読んだ人生で良かった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.03.31

  • sssnnnbbb

    sssnnnbbb

    おもろうてやがて哀しき正統派松竹新喜劇。 ふた昔ほど前の韓国映画のような救いのなさ、あ、たけし映画ぽくもあるか。 軽快に進んで行く物語の中、いきなりエアポケットのようにボディに決めて来るシーンを突き出す。 非情なほど冷徹なコアを抱えながら、珍妙な雰囲気で立ち回るキャラクター達がに非常生き生きとしている。続きを読む

    投稿日:2018.12.17

  • ryohei

    ryohei

    途中まで短編集と思っていたのに、実はシリーズになっていて、最後の数話で一気に引き込まれた。設定がすごく上手。結末が悲しいだけにより面白い。

    投稿日:2018.12.16

  • bukuroguidkodama

    bukuroguidkodama

    それ町と違って色濃く大友克洋調の28号
    最後の最後数ページの展開が
    らしくないというほど作者の作品をしらないけれど
    しっくりこない

    投稿日:2018.11.13

  • haluqulq

    haluqulq

    メフィストで読んでいたから内容は知っているけど、まとめて読むと、スゴい!
    連載前に、石黒先生のサイトの掲示板で質問したことがあった。

    投稿日:2018.10.27

  • nori-k99

    nori-k99

    なるほど、佳作。あんまり前情報仕入れずに読めて良かった。ミステリ読みなら中盤のネタでにやにやできるし、読み進めると足元がフワフワしてくるような不穏な感覚が面白かった。

    投稿日:2018.10.20

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。