破妖の剣6 鬱金の暁闇1

前田珠子, 小島榊 / 集英社コバルト文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
2
2
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 寝不足羊

    寝不足羊

     初読時には、この期に及んで重要そうな新キャラ出るんだ……と、ちょっとゲンナリした。しかも、周辺キャラもザクザクと出す出す。
    この時点で翡翠並みに長くなるだろうことを確信してたけど、2010年 3月現在、翡翠の最終巻数と並んでるけどまだまだ終わりそうな雰囲気を感じない……
    そして、また中断確定。
     次に出る時は、多分、破妖のどの巻かの再版時だろうね。一体、何年後になるのやら……(哀)
    続きを読む

    投稿日:2010.03.18

  • とうや

    とうや

    現在の表紙は小島榊さんですが、2009年発行版からです。
    それまでの版は全て表紙も厦門潤さんです。

    投稿日:2009.12.31

  • まつり

    まつり

    シリーズ最終作らしいです。
    なんか、ホントに完結するの?とか思っていたのですが。(案の定3巻刊行後6年中断だし/爆)
    ようやくシリーズ再開の報を受けたので、再読しました。とうか、再読しないといけないほど、頭の中から内容が抜け落ちてました。

    なんか、話が広がっていて、完結したらきっとすっきりするんだろうとは思うので、前田先生、ちゃんと完結させてください、と心の内で祈ってます。
    続きを読む

    投稿日:2009.10.25

  • 景

    破妖の剣本編6。
    浮城に追われ、父の配下に追われ、またもや闇主は姿をくらまし…元ガンディア王女・現ハイデラ皇太子妃シュラインにかくまわれているところに、乱華にそっくりな子供が現れる。
    新キャラ・リメラトーンの過去、どこかで囚われているらしい乱華、復活を遂げた父親、死んだはずの翡翠にそっくりな女・と、気になる展開が盛り沢山です。
    闇主が雲隠れしていたのをいい事に交わされる邪羅と濫花の掛け合いが微笑ましく、浮城サイドも相変わらず陽気で楽しいものでした。(特に邪羅とリーヴィが。)
    衣於留は結局セスランについたのかどうかが自分的には気になるトコロです。
    闇主の活躍がほとんどといっていいほど無かったのが残念。ソコは次巻に期待。
    この6話全体通しての、助走的な巻でした。
    続きを読む

    投稿日:2007.11.14

  • あき

    あき

    久々に出た『破妖の剣』本編の最終章第一巻。

    今回は伏線がまかれ、準備段階といった感じ。おなじみのキャラ、新しいキャラ。懐かしいキャラまで…先が気になる出だしです。

    投稿日:2007.10.17

  • すばる

    すばる

    姉のアーゼンターラを魔性に攫われたリメラトーンは、浮城の捕縛師になった。しかし彼がなりたかったのは、魔性を滅ぼし得る力を有する破妖剣士。破妖剣士になるには、高邁な思想や理想も血を吐くような努力も意味をなさない。選ぶのは破妖刀そのものだからだ。不信感を募らせる彼に城長から命令が下る。「我が浮城の至宝を奪還せよ」―至宝の名は紅蓮姫。最も強力な破妖刀の名前だった。続きを読む

    投稿日:2007.07.30

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。