【感想】日本人を操る8つの言葉

デュラン・れい子 / 角川oneテーマ21
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
1
2
4
1
0
  • 操られてる、呪縛されてる、思考の罠、という程でもない感じ

    日本人特有の考え方、そう考えるのが当たり前になりすぎてて、日本人のコミュニティ内だけで暮らしていては意識できないようなことを、別の文化の人達に指摘されたり、彼らとの会話の中で判明したり、海外生活が長い著者が久しぶりに日本に帰ってきた時に気付いたことを、紹介してくれているんだなぁと、読みました。
    異文化を知って自国の文化を知る、気付く、ような感じ?

    操られている、呪縛されているって感じる人は感じるのかもしれないですね。
    続きを読む

    投稿日:2013.11.02

ブクログレビュー

"powered by"

  • つー

    つー

    今住んでいる場所、今過ごしている時間、これが私にとっての日常で勿論日本に住んでいる限りは常識になっている。海外に暮らした筆者が見た日本は住んでいたフランスとは異なる日常。これは当たり前のことだが、この違いに気づき明確に認識できるのは異なる国で過ごした筆者ならでは。あとがきにあるように研究者でも評論家でもないエッセイストが素直な感想を言う。中にはうーむ違うかなぁ、と思う点があるが、そんな事はどうでも良く、感じたことを書き連ねるのが面白い。我々の日常は我々だけの日常、『常』とは書いても対象は自分だけ。たまには外からの目線に触れて、自分が中心じゃない事に(当たり前)気づきたい。
    因みにこうしてレビューを書いてる私も日本人らしいのか。
    続きを読む

    投稿日:2023.03.15

  • memodai

    memodai

    世間という物差しで評価する日本人に、違う物差しの存在や、物差しで計る必要な無いことがたくさんあることを知ってもらえる本です。 なぜなら日本人は、評価が人格にも影響してしまうからです。 

    投稿日:2019.01.20

  • daisukeuchida

    daisukeuchida

    外国人を夫に持つ日本人女性によるエッセイ的な一冊。
    8つの言葉、は正直タイトルだけで、主にフランス人と日本人を比較して、日本人ってここがダメよね、と、主婦同志が話しているのとあまり変わらないレベルの話題を海外のナマのエピソードがあるがゆえに付加価値が上がっている印象。気候も生活習慣も違うわけだから、ことさら比較してダメ出しするよりもその違いを受け入れることのほうがずっと前向きかと思いますがねぇ。続きを読む

    投稿日:2013.06.15

  • 亮

    外から見た日本。
    日本の社会のあり様を村社会に表すことがあるが、本文中の日本のサラリーマンを泰平の江戸時代、藩に生きる武士に例えた一説は、とても納得、共感した。

    もちろん、文化的差異が生じるのは、当然であるが、日本の良きところ、忘却してしまったところ、顧みることをさせてくれる。
    著者によって緩やかに書かれた、一筆一筆が心地よい。婆ちゃんとお茶でもしながら、話を拝聴してよう。

    時として、異文化圏からは奇異に映ることもあるだろう。
    一長一短で、日本人の良いところ悪いところ、そうだよなーとリラックスしながら、小話を聞ける一冊でした。

    中々、好きでした。
    続きを読む

    投稿日:2013.05.29

  • E.Mogura

    E.Mogura

    人間関係
    スケジュール
    派閥
    世間体
    自己実現
    情報
    若さ
    創意工夫


    ご説ご尤ものことばかりでしたが、そうでない日本人もたくさんいるし、欧米流のやり方が良いとばかり言えないこともたくさんあって、じゃぁどうしたらいいんだと、何ともスッキリしない読後感になりました。

    (2012/6/22)
    続きを読む

    投稿日:2012.07.06

  • kazzash

    kazzash

    南仏プロヴァンス在住のデュラン・れい子さんの書。
    「チャンネル桜」に出演されるのと、20万部のベストセラー「一度も植民地になったことがない日本」で有名。

    チャンネル桜に登場されているので、もう少し、保守的・日本賞賛的な本かと思ったけども、海外在住ならではの視点で日本を眺め、やや冷ややかに意見されている。

    全般的にエッセイ風で、もう少し深い考察があったほうがよいと思うが、この本のタイトルにある通り8つの言葉は、確かに日本を操っているのかもしれないと思う。
    ただ、だから「悪い」というのではなくて、そういう視点と逆価値のものがあるということを日本人が知る必要があると思う。そう感じた。

    ----------------
    【目次】
    第一章 人間関係
    第二章 スケジュール
    第三章 派閥
    第四章 世間体
    第五章 自己実現
    第六章 情報
    第七章 若さ
    第八章 創意工夫
    ----------------
    続きを読む

    投稿日:2012.06.05

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。