図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2)

有川浩 / 角川文庫
(622件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
233
242
87
9
0
  • 図書館戦争の世界をより深く

    図書館戦争の続編第二巻です。
    今回は小牧、柴崎、手塚といった前巻では脇役(?)だったキャラクターに焦点を当てた内容となっています。中でも小牧の話が特に気に入りました。この話だけで長編として書いてほしかったです。
    笠原の話が少なかったためか、ドンパチが少なかったためか、前巻よりも大人向けとなっており、子供(?)には難しいかもしれません。
    また完全に前巻の続きとなっているため、この巻だけでは図書館戦争の世界を堪能するのは難しいと思います。(そのため★★★★としました。)
    前巻が気に入った方にはお勧めです。
    続きを読む

    投稿日:2013.11.24

  • 1巻からのキャラの成長も楽しめる

    1作目では脇役だった小牧、柴崎、手塚にフィーチャーされた第2作目。1作目の最初で設定の奇抜さに感じていた違和感が払拭されているので、すぐにのめり込んでしまった。今作では、特に手塚光が魅力的に描かれていて、前作ではただのプライドの高いエリート、という感じだったのが、だいぶ人間味のあるところが見えて、好感。

    だんだんとラブコメ要素が強くなってきていて、読んでいてニヤニヤしてしまいます。
    続きを読む

    投稿日:2014.04.05

  • 楽しくなる

    新たに登場するキャラクター、新たに発生する事件が、図書館戦争シリーズの世界に深みと広がりを与えてくれており、本シリーズを読むのがますます楽しくなってくる。本シリーズはただ楽しいだけでなく、表現の自由についても色々と考えさせられる作品となっている。
    続きを読む

    投稿日:2015.04.15

  • 第2弾

    ようやく図書隊や良化委員会などの言葉がなじんできた第2作目。
    登場人物の内面がそれぞれの言葉で語られ、人間味にあふれている作品でした。もどかしさや、共感、喜怒哀楽を味わいながら、読み進める楽しみを思い出させてくれる有川氏の文章テクに感動です。続きを読む

    投稿日:2015.09.02

ブクログレビュー

"powered by"

  • Hiroaki Okada

    Hiroaki Okada

    今作は柴崎の気持ちが分かりすぎて感情移入してしまいました。前作まではただルックスがいいだけの高飛車な女に見えてイライラしてましたが、過去の話を読むと「うんうん、そりゃ、辛かったよね、頑張ったね」ってちょっと涙目になったり…
    毯江と小牧のやり取りはいい歳してキュンってなったり(笑)
    郁が理不尽な目に遭うたびに腹が立って仕方がなかったり…
    もう、キャラクターに感情移入し過ぎて読みながら疲れます(笑)


    あ、それとやっぱり実写は後で見た方がいいのかななんて思いました。映画での毯江のキャストが気になってしまい、調べてしまいました。そのせいでその後、毯江が出てくるたびに土屋太鳳の顔が浮かび、なんとも言えない気持ちになりました。自分のイメージがあったのに!!って自業自得か…(笑)
    続きを読む

    投稿日:2019.07.29

  • mgsaeki

    mgsaeki

    このレビューはネタバレを含みます

    両親が郁の職場を見に来るところから。

    親が職場に見学に来るなんて、どんだけ過保護なんだよ。
    あり得ない。
    また母親の人の話を聞かない感じが鬱陶しかった。
    父親が郁の味方もしてくれるようになったきっかけはなんだったんだろう?
    郁が考えるように社会人になったから?

    その後小牧が鞠江とのやり取りで鬱陶しい嫌疑をかけられて監禁されたのを奪還したり、図書館のHPで批判的な感想を載せるページに端を発した問題に郁が巻き込まれて査問会に呼ばれたり、手塚兄が登場したり、濃い内容でした。

    メインのストーリーは本当によく出来ていて安心して楽しめるんですけど、今回の恋愛要素はホント読んでて恥ずかしくなった〜
    最初の査問会の後のやり取りとか、ショートストーリーの紅い薔薇を贈る小牧とか。
    クサイよ!
    でもニヤケつつ読んでしまうんですけどね。

    堂上=王子様、に気付いた郁はどうなるんだっけ?
    続きも楽しみです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.26

  • mochi

    mochi

    2作目。甘々を期待して読んでるんだけどちらっとって感じかな。郁が堂上が王子様って意識しはじめたから次に期待して。恋愛系のみ集中力高めで読んでます笑。レインツリーの国また久々に読みたくなったな~。

    投稿日:2019.06.24

  • うさぎ

    うさぎ

    今回も内容が濃い!面白かった☆前作はヒロインの郁に対して、なんか苦手意識がありました。こんなに直情的でなんも考えてないやつって逆にどうなのよ⁈って。でも今作はなんとなく郁が可愛く見えてきました。それに堂上教官との甘々トークというかドツキ漫才も好きです☆そしていよいよ王子様の正体が‼︎あぁもう次巻も読みますとも!映画…まだ見たことないんだけど見たいな〜続きを読む

    投稿日:2019.06.13

  • meibookmemo

    meibookmemo

    このレビューはネタバレを含みます

    やっと読み終わりました!!!
    小牧とまりえちゃん、柴崎と朝比奈、笠原と堂上の恋の続きが気になる。特に笠原と堂上がいいところで終わってしまった。今すぐにでもも3巻を読みたい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.15

  • popcherry

    popcherry

    このレビューはネタバレを含みます

    令和最初の読了。
    いや~甘酸っぱい。
    いろんな恋愛関係が出て来て、どのカップルもみんなよくて、ついニヤついてしまう。
    この段階でもうそうきたか、と思うラスト。
    次からの二人の関係が、どうなっていくのか気になる。
    そして、サイドストーリーも良かったな。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。