パリ散歩画帖

山本容子 / フィガロブックス
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
1
4
3
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • オパール

    オパール

    図書館で見つけた素敵な本。
    久しぶりに山本容子さんの銅版画を拝見しました。
    本は随分前の物だけど、内容も作品もオシャレで可愛い。

    左右どっちからでも見れるのが良い。
    最近パリ選りです。

    投稿日:2020.10.02

  • sachiduck

    sachiduck

    包装紙に描いたイラストや、見つけたものをコラージュした作品が楽しい。
    文章に惹きつけられるところはないのですが、作品を見ながら読んでいると、パリの街を楽しんで旅している様子が伝わってきます。
    本の装丁も可愛らしくて好き。続きを読む

    投稿日:2012.07.02

  • yucca

    yucca

    とにかく可愛らしい色彩の版画に惹かれて買いました。
    眺めるだけでも十分楽しめます。
    マルシェに売っている何気ないモチーフがこんなに素敵な版画に変身しちゃうのですね☆

    投稿日:2011.07.19

  • miko2005

    miko2005

    両側から読むことが出来る。

    洋書のように開くとパリ暮らしで出会った日用品を使った即興的な作品集

    和書として開くと旅の記憶を印象的に残すノウハウやパリへの思いが書かれたエッセイ集

    装丁がおしゃれ。

    実用書ではない。
    続きを読む

    投稿日:2011.06.05

  • mike

    mike

    絵が好きで文章は初めて読んだのだけど、好きじゃなかった。絵だけ見る分にはとても、いい。色遣いが好き、やわらかくて。

    投稿日:2011.04.08

  • リカ

    リカ

    一冊まるまる、パリの香りに満ち溢れた版画集。
    街角の小さなものに視線を向けて、丁寧に描写しています。
    旅人ではなく、生活者としての目線で、日常を切り取っているため、読んでいる側も、パリの暮らしの中に溶け込んだ気持ちになります。

    本の中に登場する美術館やカフェ、アパルトマンの写真つきの紹介もあり、現実と彼女の目を通して作り変えられたデッサンを比べるという楽しさもあります。
    ほかに、店で売られている日用品、新聞やロウソクや歯ブラシなどが、細かく描かれて、エッセイと共に紹介されており、センスあふれる一冊になっています。
    あらためて見てみると、実際のフランスの日用品が、さりげなくこじゃれていることに気づきます。
    さすが、芸術家を刺激する街ですね。

    パリの日常に夢を加えたような感じで、ぱらぱらとめくっているだけで、パリにいる気分になってくる、おしゃれな本です。
    続きを読む

    投稿日:2011.02.04

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。