ぼくらの(5)

鬼頭莫宏 / 月刊IKKI
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
2
5
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • トキオカ

    トキオカ

     敵の正体について、当時は斬新だったのかも知れないけど、今となってはあまり目新しいアイデアだとは思わない。
     ただ、それでどういうドラマが展開していくのかということに対して、強く興味を惹かれる。

    投稿日:2021.04.03

  • たかせ

    たかせ

    このレビューはネタバレを含みます

    「僕らは一体、何と戦っているんだ?」

    重要でありながら、今まで触れられてこなかった謎があきらかに。

    ・戦っているのは、平行世界の「地球」
    ・目的は、「宇宙の未来の可能性の淘汰」

    別次元にある同じような地球を含む宇宙との、存続をかけた戦い。
    それがこの戦いの全貌。
    1回の戦いに勝つたびに100億人の存在が消滅する。

    ……スケールがどんどん大きくなってきてしまった。
    地球の存続を背負っているっていうだけでも十分重かったのに、宇宙の、さらに別の「地球」「宇宙」の犠牲のうえにこの勝利は成り立つという事実。
    正直、大きすぎて、ほんとうにもう個人的な感情部分でしか判断できないな…

    一方で戦いも進む。
    友人のために自分の心臓を残して死んだ門司。
    生まれてくる弟の命、とほうもなくたくさんの命、生きている人たちの光を見つめながら、勝つことを選んだマキ。
    「戦えないかもしれない」というキリエ。
    「それを犠牲にしてまで、ぼくらのこの地球は、継続に足る存在なんだろうか?」
    次巻へ続く。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.04.10

  • blue-wagtail

    blue-wagtail

    地球の全人類のために犠牲になって戦え、と言われたら
    「見知らぬ大勢が生き残るために自分が死ぬって何なんだ、誰かもっと他に適任いるだろ」と思う。
    でも自分が死ぬ事は決まっていても自分が勝ったならあの人がこれからも生きていけると
    具体的に顔や名前の浮かぶ人がいたら、頷ける人は多いんじゃないか。
    そんな事考えず生きていきたいのは当たり前だけど、もし死ななきゃいけないとしたらの話として。
    続きを読む

    投稿日:2013.04.06

  • 宵子

    宵子

    このレビューはネタバレを含みます

    初読:2012.1
    モジ最後、マキ、切江最初。モジとマキの最後がすがすがしい。
    敵の正体が判明する巻。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.01.15

  • hichakko

    hichakko

    このレビューはネタバレを含みます

    辛くも勝利を掴み取ったモジ。
    その次の操縦者に選ばれたのはマキだった。
    そしてマキは激しい戦いの中で「敵の急所」をこじ開けることに成功する。ついに明かされる彼女たち「敵」の正体とは…。

    マキ編も切ない…!
    せめて産まれた赤ちゃんを見る時間も欲しかった…。
    モジの時のようにあらかじめ条件を提示できなかったから、戦った後の時間がそんなにもらえなかったのは、しょうがないけどさ…。

    しかし今回明らかになった「敵」」の正体。
    いや~な予感はしてたけど、まさかこうくるとは。
    こっち側は子どもたちだけど、あっち側は大人たち(今回はたまたま?)だったのがちょっと意外でした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.12.05

  • あっきー

    あっきー

    ピンチを乗り越え、敵の正体が明らかに。
    このどうしようもない、救いの無い感じが良い。
    次は戦わないパターンでのピンチか…?

    投稿日:2011.05.10

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。