黄金街

三田完 / 講談社
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
0
3
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • qhirorin

    qhirorin

    東京の街並みが目に浮かぶ。
    大人のための静かに滲みる短編集。

    いつもながら
    三田完作品は映画を観ているような気分にさせられる。
    派手なエピソードも意外な展開もないけれど
    ただただ静かに感じていたい。そんな作品たち。

    落語好きにはたまらなかったのが「通夜噺」。
    『胡瓜揉み』はぜひ聴いてみたい。さて、どんな演者がいいだろう。
    そんな想像も楽しい一遍でした。
    続きを読む

    投稿日:2014.05.24

  • shiraki0402

    shiraki0402

    6編の作品から構成されている。「昭和」という時代のもつ雰囲気のようなものを色濃く反映している作品集。ぼくは、北森鴻氏の『香菜里屋シリーズ』を連想した。

    投稿日:2013.06.24

  • reso100

    reso100

    少しばかり泣ける話しが6編.表題作に出てくる流しのジーザス、カラオケが出来る前の飲み屋街では必須のキャラでした.

    投稿日:2012.11.21

  • ろふみぃ

    ろふみぃ

    べたっとはしていないけれど、さらっともしていない。ひねりやシニカルさ、ハードボイルドをもっと感じたい

    投稿日:2012.07.21

  • 恋乃

    恋乃

    三田完先生(@hi_go_chisui)、有楽町三省堂書店(@yrakch_sanseido)さま、ありがとうございました。
    人生の悲哀とか、酸いやら甘いやらがぎゅっと詰まった小片たち。
    淡々としてるようで、深い。続きを読む

    投稿日:2012.07.15

  • slky

    slky

    作者はNHK音楽担当プロデューサーだったとは知らなかった。
    音楽絡みの話が多い。
    のど自慢と流しの老人の話が良かった。
    鐘たたきの人って、それ専門なんだとは思わなかったなあ。

    投稿日:2012.06.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。