ゼロ時間へ

アガサ・クリスティー, 三川基好 / クリスティー文庫
(46件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
14
18
9
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • bukurose

    bukurose

    犯罪は唐突に起こるのではなく、はるか以前から始まっている。数多くの要因とできごとがあって、その結果としてある人物がある日のある時刻にある場所に赴くことになる・・ 犯罪発生のゼロ時間に向かって。冒頭に犯罪学者トレーブが登場する。

    ゼロ時間に向かう人々が少しずつ関係しあって順次登場し、それぞれの事情が明かされる。テニス選手と二人の妻の三角関係、その二人に好意を寄せる別な男性、そしてスパイスは自殺し損ねた男と犯罪学者のゼロ時間説。恋愛小説かと思うような恋愛心理描写が面白い、が、それが犯罪の動機にもなっている。
    殺されたのは館の女老主人だが、実は目的は別にあった・・

    最後でクリスティにはよくあるカップル成立。


    1944年
    2004.5.15発行 2014.2.15第6刷 図書館
    続きを読む

    投稿日:2019.08.23

  • argrath

    argrath

    まあ解決のきっかけが運に頼りすぎ、という気はするけど
    なかなか面白かった。
    思わず乗り過ごすくらいに(おいおい)。

    投稿日:2019.03.07

  • elephanta

    elephanta

    どのように話がつながっていくのかな、と思って読んでいったけど、後半から話がどんどん進んでいって、いろんな要素が噛み合っていって、犯人が特定される過程がおもしろかった。犯人の特徴がちょうど読んでいた別の本と関連していて、いつの時代にもこんな人は存在しているんだな、と複雑な気持ちになった。ポワロは出てこないが、登場人物の会話にポワロのことが出てくるのがなんだかうれしかった。続きを読む

    投稿日:2018.07.01

  • genshisyounen

    genshisyounen

    クリスティーが得意とする、遺産相続と男女間の嫉妬を背景にして起こる殺人事件。ポアロ、マープルではなく、バトル警視が探偵役であるのは、犯人をいったん見誤るという状況を作り出すためだろうか。冒頭のバトル警視の娘の出来事や、後半で目撃証言者となるマクハーターの話がうまく真相とつなっているところに、ミステリーの女王の匠の技を感じた。
    この事件の核となるトリックについては、私はこれまでに、クイーン、横溝正史、有栖川有栖の作品で使われているのを知っている(クイーンの作品の方が書かれたのは約十年も前)。本作品では、アリバイが問題にされていないので、このトリック自体はそれほどうまく活かせていないと感じた。また、マクハーターの目撃証言者が出てくるまでは、犯人を特定するような決め手に欠ける事件の状況であり、ミステリーとして特に特筆するような内容を持ち合わせていないと感じる。ただし、動機に関してはひねりがあって、かなり屈折した動機なのだが、個人的にはその心情は理解しがたい。
    「殺人は終局であり、物語ははるか以前から始まっており、あらゆるものがその終局、ゼロ時間の一点に集中されている」という、作品中で弁護士トリーヴスが語っている言葉を体現するような作品を書きたかったというのが本作品の創作意図ではないだろうか。
    本作品は事件を取り巻く人物の配置が絶妙であり、人間関係をうまく構築して、人物を適切に配置さえすれば、事件は起こるべくして起こるということなのだろう。
    続きを読む

    投稿日:2018.06.30

  • 723

    723

    アガサクリスティーの作品にはまり、続けざまに読んでいます。

    本作品にはポアロは出てきませんが、よく相棒となるバトル警視が主人公となり物語を進めていきます。序盤はさまざまな登場人物が出てきて関係性がよくわからなかったのですが、次第に不穏な空気になっていき、事件が起こってから収束まではスピード感がありました。

    ある程度ポアロシリーズを読んだ後の方がいいかもしれません。初めてのひとは前振りの長さにうんざりしてしまうかも。

    トリックにはちょっと無理があるようにも思いましたが、登場人物たちの人間模様と相まってなかなか味わい深く読み終わりました。
    続きを読む

    投稿日:2017.12.10

  • chidori8

    chidori8

    ★3.5
    昔、数冊読んだことがあるだけのクリスティ。最近、P・D・ジェイムス作品を立て続けに読んだせいか、クリスティのライトな書き味に驚いた。加えてこんな昼メロみたいな人間模様を書くんだなーと新鮮な驚きも。
    終盤キーになる人物の行動が唐突すぎることや、何事かを企んでいたと思われる人物が何を狙っていたのかが結局分からず終いで少し消化不良。ただ、伏線から真相まで良くまとまっていて面白かったので、他の作品も読んでみたい。
    続きを読む

    投稿日:2017.11.21

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。