スクウォッター 僕と僕らの境界線

後藤リウ / 徳間デュアル文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 緋月

    緋月

    女の子率の低いライト小説。いわゆる、私向き。
    楽しかった。設定が、どことなく(それこそ)魔界都市やら黒の契約者的な印象を持たせてくれる。要するに、好きな方向の設定(好きだから選んだわけだけど)。
    話しはおもしろく、社会的、少年的な問題を提起しつつも、それについては解決している――感じはするものの、非常に耳に痛かった。(大人に対しての子供から見た見解が実に的を射ている)
    しかしながら、ストーリー的な問題は最後まで解決されず、何と無く尻切れ的な感じが見える。こう……次を予測させる海外ホラー映画のような終わり方。
    謎は謎のままとっておきましょう。って感じなおわり方だと、読後感にもやもやが残ってしまう。中途が面白かっただけに、ちょっと残念な感じがしないでもない。
    続きを読む

    投稿日:2011.02.02

  • 桔

    僕、こういう世界に生まれたかったです。
    まあ、生まれたとしても、スクウォッターに感染しないで、とけてしまう側だろうけど。
    それでもそーゆー能力にあこがれます。

    ちょっと微妙な終わり方したので、続きがあるんじゃないかなって期待してます。
    続きを読む

    投稿日:2008.07.06

  • あろぅ

    あろぅ

    断章のグリムを思い出しました。特別な力と感染という設定(雰囲気?)が似てるような……? まあ、あちらほどグロテスクな表現はないですが。
    普通に見える普通じゃない主人公と、普通に見えない普通の感覚を持つ相棒。話も面白いですが、微妙に既視感を覚える私としては、キャラ像が好き、“知覚”に関する話が好き、なので★4つ。続きを読む

    投稿日:2008.06.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。