2022――これから10年、活躍できる人の条件

神田昌典 / PHPビジネス新書
(427件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
116
157
84
19
5
  • タイトルはどうかと思いますが、内容はなかなか

    タイトルと内容はマッチしてないなぁ、というどうでもよい印象はありましたが、歴史の70年周期説やNPOの話など、興味深く読めた。有名な著者だが、ほとんど著作を読んだことはなく、(胡散臭いともちょっと違うのだが、)あまり興味がなかった。しかし著者の身の回りの変化(癌告知)や東日本大震災などがあったからこういった前向きで考えさせるような著作になったのかな、と想像。続きを読む

    投稿日:2013.10.04

  • 時代にはサイクルがある。

    勝間和代さんも、隅々まで著者の作品を
    べて読んでいるそうです。
    この本は、これからの社会環境の動き・流れを
    予測するのに役立つはずです。

    投稿日:2013.09.29

  • 予言のような本

    これから10年の日本を予言しているような本です。
    これから何をすべきかがわかる本だと思います。


    投稿日:2013.09.25

ブクログレビュー

"powered by"

  • 杉本翼

    杉本翼

    歴史は70年周期で繰り返す。その周期で考えると明治維新、太平洋戦争に匹敵するような変革が2015年ごろに起こる。(2021年の今から考えると2020年のパンデミック?)
    年代別人口比で見ると、中国インドが発展し、日本は衰退する。だが、日本は高齢化社会の先進国だから高齢者ニーズでリードできるはず。それに加え、EUならぬアジア経済圏のAUができれば、これから少子高齢化に突入する中国という巨大なマーケットがあるから、日本は復活するだろう。

    70年周期はこじつけっぽいなと感じてたけど、著者によれば周期年数は重要ではなく(何年周期で考えても同じような事象は見つかる)、歴史は繰り返すという事実を抑えることが重要とのこと。それなら全く同意。

    2012年に出版された本だけど、今読んでも鋭い分析。社会環境の変化を踏まえたキャリア設計も解説されているが、中々説得力があった。
    続きを読む

    投稿日:2021.07.17

  • ひまわり

    ひまわり

    ・人生7年節目説
    ~28 世話役 今
    ~35 探求者 次
    家族を大切にしながら、専門性高めていく
    その後40代で海外移住に挑戦し、半ばで起業か新たなステージにいく
    起業の勉強するために読書会に参加する


    続きを読む

    投稿日:2021.07.03

  • しろたん

    しろたん


    -読書会に参加した際読まないと非国民扱いされたので読了
    -2021年に読んだが確かに当たってる箇所もあるんだと思う(?)
    -歴史は70年周期、人生は7年周期
    -周期的に訪れる未来に対応するには教養と行動が必要続きを読む

    投稿日:2021.06.10

  • おその

    おその

    印象に残ったこと
    ・志能公商で70年サイクルがある
    ・リーダーになる、そのためには行動

    予測できることがある。これからどう生きていくかがみえる。

    私が感じたこと
    本を読んでいかに行動すべきか大事だと思った。予測できて未来が見えても動かなければ資本家ではなく労働家。労働家でも選択して労働家になるか選択せずして労働家になるか。知って行動できることが大事で、それは全て選択ができる。自分でなりたいと思うビジョンを思い描けば明るい未来、明るい日本が作り上げられる。というワクワクを感じさせてくれる本だった。続きを読む

    投稿日:2021.04.15

  • Minori Nishihara

    Minori Nishihara

    世界のさまざまな現象にはサイクルがある
    コロナ禍の今も後々見ればあるサイクルの一部分

    今起こっていることが一度収束しても、また繰り返される→次はどうする?

    投稿日:2021.04.07

  • klui

    klui

    これからの日本の衰退、会社がなくなる
    作者の予想がすごく現実的なものに感じる。
    その中で、どのように私たちは行動するべになのか?
    自分の教養の無さ、何か行動しなければ
    そのような衝動に駆出してくれる書籍。続きを読む

    投稿日:2021.01.18

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。