竜の学校は山の上

九井諒子 / イースト・プレス
(120件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
47
44
14
3
0
  • ファンタジー成分が濃い話をファンタジーらしくない視点で描いた短編集

    ネット小説や同人誌等のネタとしてよくある魔王を倒した後の勇者のその後や、人以外の種族や竜が現在社会に存在した場合の話等、ファンタジー成分が濃い話をファンタジーらしくない視点でを割りと真面目に描いています。
    全9編の短編集で、個人的に気に入ったのが、下記の2点の作品です。
    「竜の学校は山の上」
    技術の発展によりただのお荷物になってしまった竜をなんとか有効活用できないかを検討するお話で、この漫画のタイトルになっています。
    「現代神話」
    働くのが大好きで優秀なケンタウロス(馬人、人口の3割)と、働くのが好きではなく、能力も劣る人(猿人、人口の7割)とが、馬人労働規制法をめぐって議論するお話です。
    表紙のイラストはこのお話に登場する猿人に嫁いでいる馬人の女性で、妙に可愛らしい奥さんです。

    この2点以外も短編らしくよく練られていて、なかなか読ませる作品になっていると思います。面白かったです。
    続きを読む

    投稿日:2013.10.02

  • やさしくて、しみる

    典型的RPGの、魔王を倒した後(とか、魔王が○○とか)の話が、非日常が当たり前に日常になっている現代に近い話と、ちょっとした昔話など、短編ながら読み応えのある話が主です。
    たんたんと話が進んでいくのですが、その中でも一言一言が優しかったり、切なかったりと、読んだ後は柔らかい気分になります。
    個人的には 猿人(人間)と馬人(ケンタウルスみたいな)の話が好きです。
    社会人と、夫婦の話が交互に描かれ、あり得ない話だけど、こんな世界があったかもしれないという気にさせます。最後の奥さんの言葉が好きです。ファンタジーだけども、今の世の中にも通用するんじゃないでしょうか。
    続きを読む

    投稿日:2013.11.04

  • 面白かった

    絵が上手いしおもしれー
    良い漫画家を発見した
    作品をいろいろ集めてみようと思う

    投稿日:2015.09.28

ブクログレビュー

"powered by"

  • 7do8bu1991

    7do8bu1991

    丸井鯨子さんの作品は・・・「ひきだしにテラリウム(2013)」、「九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子(2012)」に続き・・・ 『竜の学校は山の上 九井諒子作品集(2011)』 ”進学天使”が切なくてよかったなー。続きを読む

    投稿日:2019.06.12

  • bangarabingen

    bangarabingen

    この作者はほんとに竜が好きですね。
    他の作品集に比べて描き込みが少なくてさみしいところが多いですが、
    十分楽しめる一冊かと思います。
    私は嫁さがしの話が一番好きです。

    投稿日:2019.03.10

  • 芹沢 透

    芹沢 透

    ファンタジーでありながら、シリアス。「ダンジョン飯面白かったから他の作品も読んでみよー!」ってノリで読み始めたので面食らった。現実の社会問題にも通じるものがあると思う。

    人の数だけ善悪があって、好き嫌いがあって、そして損得がある。

    どの短編も、最後に救いを残してくれていたので読後感は穏やか。

    私は特に勇者と魔王に関する前半のお話が好き。勇者と、魔王の妻になった王女が特別印象に残ったなぁ。2人は、どんな選択肢を選んでいれば良かったのかなぁ。
    続きを読む

    投稿日:2019.01.08

  • sssnnnbbb

    sssnnnbbb

    RPGに浸かっていた身分にはとても心地よい作品。魔物と、感情移入しやすい行動に従うキャラクター達が物語に引き込んでくれる。いつまでも浸っていたい世界。

    投稿日:2018.12.17

  • quatorze

    quatorze

    このレビューはネタバレを含みます

    一言で言い表わせない面白さ。何か不思議で、非現実的なのに実際ありそう。神様を娶る話、普通はあれでめでたしめでたし、欲張りのお父さんは…な話かと思うけど、なぜお父さんが、というラストシーンが絶妙。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.07.13

  • やお

    やお

    "「権平
    わしを村まで送ってくれたせいで帰れなくなったんだな
    すまんかった すまんかったなぁ…」
    「おみつ
    違うぞおみつ 皆から忘れ去られ山を去ろうか迷っとった時にお前と会った
    自分のことは忘れても お前のいるこの山を守りたいと思ったからこうして戻れた」"[p.110_代紺山の嫁探し]

    「帰郷」
    「魔王」
    「魔王城問題」
    「支配」
    「代紺山の嫁探し」
    「現代神話」
    「進学天使」
    「竜の学校は山の上」
    「くず」
    「あとがきマンガ 金食い虫くん」
    続きを読む

    投稿日:2017.11.25

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。