華やかな兵器

小松左京 / 文春文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • tikuo

    tikuo

    小松左京の短編集。ハードSFに見せかけて、実は星新一みたいなネタだけど深刻に展開する表題作、歴史小説かと思いきや(思わないと思うけど)、タイムパラドックスという「リテイク」など。

    1600年。関が原の合戦をテレビでライブ中継しようとするが、確認するたびに何故か開戦が数十秒早まっていく。歴史の改変は許されないものの、多少の接触は大きな影響につながらないと判断し、調子に乗り始めたところ…。

    やはりライトSF読み(スペースファンタジーなどが苦手)としては、非常にとっつきやすい小松作品群だ。特に初っ端の「リテイク」みたいな話は大好物。

    最後の山姥の作品以外は、思考実験(少しだけ現実をいじった場合のズレや困難というテーマ)の類の話であり、テーマ重視のところはあるが、そこはそう卸さないのが小松商店。

    タイムパラドックスの論文から、日本の神話や古典芸能、世界の主要都市のある年における事件に至るまで、事細かに調査された文章がつづく。

    むしろ、とある星との架空の外交をでっち上げて底上げしている表題作が割と軽く見えてしまうほど。面白いけどね。

    読みやすうございました。
    続きを読む

    投稿日:2017.12.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。