龍は飛雨に惑う

真堂樹 / 集英社コバルト文庫
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
0
2
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • うにたそ

    うにたそ

    そうそう第2部ってこんなんやった!と思う。黒党羽のみなさんただの変態やから。
    万里大人の出番の多い巻が好き。ていうか万里大人が好き。
    冬眠様の今後の活躍に期待。

    投稿日:2013.02.26

  • 彩波(いろは)

    彩波(いろは)

    このレビューはネタバレを含みます

     さてさて、何とか朱龍から同意を取り付けたマクシミリアンの今度の狙いは、黒龍です。

    『青龍』からの承諾を得るため、今度は黒龍へと使いを送る。
     黒龍に使いとして送り出したのは、執事の万里。
     ところが、万里は、黒龍へ向かう途中で、何者かに襲われ、拉致されてしまう。
     飛は、万里を救出するようマクシミリアンに掛け合うが、マクシミリアンは「二市の間のことを荒立てたくない」とそっけない態度。
     挙句、花路には「動くな」と触れを出す始末。
     そんないうことなど聞けるはずもない飛は、白龍屋敷からの触れを無視して、一路黒龍へと乗り込んでいく。
     一方のマクシミリアンは、自分の思惑通り、飛が万里を助けに向かったのにも関わらず、なぜか浮かない顔。

     という話でした。
     飛が、自分のことに思い悩んでいることに、街の主はすっかり浮かない顔で、いらいらしてる。
     もう少し優しい気持ちで、「どうしてそんな顔をしているのだ」とかなんとか聞いてあげればいいのかもしれないけれど、この調子の飛は絶対しゃべらないだろうから、結局のところどっちもどっちだろうな……とこの二人を見ていて思います。

     すっかりすれ違ったままの二人だけれど、黒龍編は大分波乱が起きそうな予感がしていてとっても楽しみな巻です。
     これからまた、長い旅路が始まるのだと思うので、ついていける人だけ付き合うことをオススメします。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.02.05

  • 無夜

    無夜

    「龍は微睡む」で始まり、「龍は薫風を駆ける」で終わり。(と、思ったら続編が出た)
     レビューは薫風にまとめてます♪

    投稿日:2008.08.30

  • kirimark

    kirimark

    いよいよ飛は押しつぶされそうで、見てて可哀想なくらい。万里が黒龍で拉致され、白龍屋敷からは捜索を禁じられながらも飛は万里を探しに行く。
    黒龍では黒党羽というごろつきが幅をきかせ、盗賊まがいのことまでしていた。乗り込んだ飛はそこで老頭に不可思議な言葉を聞かされる。続きを読む

    投稿日:2008.05.30

  • 羽翼 圭

    羽翼 圭

    飛とマクシミリアンの関係はいったい!? と首を傾げるしかないこの一冊。やっぱりそうなん? いやでも…、と考えを巡らせること間違いナシです。
    青龍の後見の件を巡って、黒龍に先触れの使者を出した白龍屋敷。しかし、黒龍に使者として入った万里は黒党羽に捕えられてしまう。それを助けに行った飛と羅漢は元家に賊が入っていくのに出くわし…。
    初登場の黒龍市と冬眠は何とも言いがたい雰囲気。マクシミリアンとの関係を気にするらしい飛は、どうしても落ち着かないらしく、投遣りな風に思えましたが。生きていたらしい玲泉と、何やら悲しい過去を背負っているらしい尊夫人に注目しながら、明らかになってきている飛の出生の秘密、そして何か裏があるらしい師父にも大注目です。
    続きを読む

    投稿日:2004.11.01

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。