マリア様がみてる36 ステップ

今野緒雪, ひびき玲音 / 集英社コバルト文庫
(23件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
4
10
6
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • ますたぁ

    ますたぁ

    親友に彼氏が出来たとか そんなお話し

    時代は平成ではなく昭和
    何で過去?「私の巣」と同じで本編と無関係?とか思ったけど、「なるほど、そうでしたか」といった感じ

    感の鋭い人なら序盤で気がつくレベル
    ちゃんとそれっぽいヒントはあるし・・・続きを読む

    投稿日:2013.07.27

  • office4690

    office4690

     いよいよ、この本をラストに全巻読破達成である。登場する人物すべてが正直で思いやりに溢れる人たちという、現実社会ではありえない世界観は一見である。とても癒される。

    投稿日:2013.06.28

  • えりりん

    えりりん

    ある日、佳月は親友の律から、男性と付き合っている事を告げられる。
    いつも一緒だった二人が、それぞれ階段を登るお話。ステップ。
    昭和時代のリリアン女学院のお話。
    これ、一話を雑誌で読みました。
    あれ、祐巳たち昭和だったっけ?と思いながら普通に読み進めて行ったら、まさかまさかの令さまと由乃さんの女親の話だとは。
    それにしてもいい言葉です、男の人の中で一番じゃダメですか。
    使わないけども。
    続きを読む

    投稿日:2012.10.21

  • みょんち

    みょんち

    山百合会もリリアンもスール(姉妹)もほとんど関係が無い話。
    でも、リリアンが舞台。

    付き合っている相手がいたりとか良いなぁー
    高校の時とかって、恋愛に憧れても出来なかったりってあるよね
    特に男子校女子校だと難しいでしょ。。。。続きを読む

    投稿日:2012.06.02

  • metopeti

    metopeti

    このレビューはネタバレを含みます

    本編途中までしか読んでいないけれど、これは本編に直接関わらなさそうだったので手にとった。ラストの名字のところで、ふたりが何者なのかわかったけれど、綿子さんが誰の親戚か出てこなくて
    今だ考え中。…でも、いた気はする。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.02.11

  • 新井大介

    新井大介

    このレビューはネタバレを含みます

    これも大家族になっていく過程・成長(ステップ)が描かれる話でしたね。
    ステップと言えば私の敬愛する少女漫画家であるなかじ有紀先生の最高傑作小山荘の続編がステップだったのを思い出します。
    あれも1話1話話が進むたびに成長が描かれる良い話です・・・(´-ω-`)
    最後には家族になるんだよなあ・・・しみじみ・・・。
    少女マンガ・少女小説の私が大好きな点の一つですね。
    物語の最終形態の一つとして家族になると言う明確なゴールが定着している・・・少年漫画にもそういうゴールの作品はありますが頻度とか歴史を考えると少女系の伝家の宝刀って感じがしますね。
    そうそう、私の敬愛する日高万里先生の超名作セカキラも最終形態が家族。
    ていうか、私は千鶴最強依里子究極の詩を聴かせて神と思っているわけですがこの二人も最終形態が家族。
    でもなによりも、セカキラの沙紀先生だよなあ・・・私内幸せになってくれて良かったキャラランキングかなりの高順位を記録する私の愛する沙紀先生ですよ。
    家族ができてよかったよね本当に・・・(ノД`)
    いやあ、家族ものになると脱線するするw
    家族ものには一も百も言いたいことあるからなあ・・・。
    擬似家族ものは正直AIR(家族計画も好きですけどね)がとても重要な答えを出していると思っているのですが、本家族ものとしてはこのステップでまた一つのいい形を見せてもらえたなと思っています。
    ある意味エスの最終形態だよなあ・・・ブルーフレンドの究極形。
    男性としては旦那様が一番好き、でも全てをひっくるめたら一番はアナタなの。
    マジでエスの最終形態だよなあ・・・百合とエスの私の中での大きな違いをこのステップが指し示していると思います。
    百合というのはお互いが一番でありそこに男の介入する余地はないのですよね。
    女性女性で完結している。
    しかし、エスはその歴史の始まりが指し示すとおりに旦那様はいても何もおかしくない。
    その上で、旦那様以上に大切な人がいる。
    律さんと佳月さん、由乃さんのお母さまと令さまのお母さまはそれを完全に二人の究極
    形態に落とし込んだ・・・よくばりものですねえ・・・w
    二人の娘は筋金入りの姉妹(スール)なわけですなあ・・・。
    ただ少しだけ不満なのは・・・タカクラケンとヨシナガサユリの恋愛模様をもっと細かく見たかった!!!!
    私は百合が大好きじゃが男女の恋愛ももちろん大好物なのじゃよ~みたい~みたい~c⌒っ ´ρ`)φ
    ってな状態でした。
    真面目に全2巻にしてくれてそれぞれのカップルの恋愛模様をたっぷり詰め込んで、更に律さんと佳月さんのラブラブっぷりも大増量で!!!
    律さんて聞くとりっちゃんさんが思い浮かぶなあ・・・家族物としてはフルバも外せない!そのうち思う存分書く!!!
    という訳で、皆様マリみての中でもこの2冊は特に初心者の方にオススメです。
    家族ものとしてかなりの良作だと思います(=゚ω゚)ノ

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.01.05

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。