マリア様がみてる4 ロサ・カニーナ

今野緒雪, ひびき玲音 / 集英社コバルト文庫
(21件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
5
9
5
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • さき

    さき

    志摩子さんが大好きでこの本を読んで芯の強さというか、
    「私のお姉さまは佐藤聖さまただ一人です」というアニメで見た映像が蘇り、さらに好きになりした。

    投稿日:2019.06.12

  • 鈴雨

    鈴雨

    年が明け三学期が始まると三年生に受験や卒業の影がちらつく。山百合会の薔薇様方も例外なく受験で忙しい様子。
    一二年生はといえば来年度のために生徒会選挙が開催されるというのがシリーズ四巻のメインの様子。
    クラスメイトに薔薇様にかけロサ・カニーナと呼ばれる蟹名静と実質、三人いる生徒会長に来年度はまだ二年生の志摩子が相応しいか否かという選挙でもあるようなのだが……。
    表紙だったり、読者が今回のメインキャラクターだと解釈できる展開なのに志摩子の出番はそう多くない。祐巳、由乃、白薔薇、ロサ・カニーナが志摩子を視野に入れながら展開するが彼女自身、既刊よりちょっと多く喋っているなー程度の出番。
    メインだけど、全面には出さないっていうのが作者のクセなのかな。
    続きを読む

    投稿日:2015.09.18

  • shigeyumi

    shigeyumi

    年が明けて三学期が始まったリリアン女学園では三年生の欠席が目立ち、祐巳たち下級生は大好きな先輩の卒業が近づいていることを実感していた。そんな中、来年度の生徒会役員選挙が行われることになる。祐巳はつぼみの三人がそれぞれの薔薇や引き継ぐのだと思っていたが、にねんせいで、「ロサ・カニーナ」と呼ばれる生徒も立候補することを知って・・・!?大騒ぎのお正月を描いた番外編も続きを読む

    投稿日:2014.03.20

  • ますたぁ

    ますたぁ

    今回も二本立て

    一つ目は黒薔薇と志摩子さんの生徒会選挙対決?
    という表現はしっくりこない・・・
    でもまぁ志摩子さんにスポットが当たってると言えばそうかな?
    そして白薔薇さまがカッコイイ

    二つ目は祥子さんの家でお正月の合宿
    これまた白薔薇さまがカッコイイ

    何だかんだで白薔薇さまのお話しになってる(笑)
    ってか、人となりが変わったきっかけはわかってるけど
    何でそんな立ち居振る舞いをするのかがよくわからん
    ま、地がそうだったのか、はたまたこれも演技なのか・・・
    続きを読む

    投稿日:2013.07.27

  • らめるん

    らめるん

    第4巻。三学期が始まり、薔薇さま達の卒業が近づく。てっきり薔薇さまの後はつぼみが継ぐのだと思っていたら、「ロサ・カニーナ」と呼ばれる生徒が立候補してきて!?

    白薔薇様は中身がタラシというか、イケメンだな。白薔薇に憧れていた蟹名静に、餞別にキスかますあたりとか、何も言わずに由巳を祥子様と会わせるあたりとか。

    妹である志摩子との関係は、不思議だけどいいな。お互いがお互いであることを認めていて、それを互いがわかっていればいいみたいな感じなのかな。

    祥子様を笑顔にした紅薔薇にしっとしたり、祥子の「きてくれて嬉しかったわ」の一言に舞い上がる由巳が可愛いかった。
    続きを読む

    投稿日:2013.05.25

  • けんの

    けんの

    生徒会選挙のお話。
    ロサ・カニーナこと蟹名静の登場。
    山百合会関係のキャラに比べてどこか陰のある感じのキャラ。
    陰湿ではなくて・・・なんとなく幸が薄そうなタイプ。

    後半は少し時間が戻って正月での「なかきよ」。
    ウチにはそういう風習なかったなぁー。

    どちらも祐巳視点ではるが、いいところは全部白薔薇さまが持って行った一冊。
    続きを読む

    投稿日:2013.01.26

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。