お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ50の法則

有吉弘行 / 双葉社
(54件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
7
8
20
8
4

ブクログレビュー

"powered by"

  • ひろちゃん

    ひろちゃん

    この本の1番の見所はやはり"どん底時代"にある。人生一発逆転劇のような派手さはないが
    どん底時代のエピソードは「恥ずかしくてバイトができない」「ホームレスとして再浮上することを選ぶ」「節約のため3日間の断食をした」などの生々しくリアルなエピソードがある。
    「上昇志向を持ってはいけない」「下を見て生きる」などのかなり等身大な人生観が展開されおり、競争や見栄をはることに疲れた人たちへの救いともなる本なのではないかと思います。
    後ろ向きすぎるほど等身大で倹約家で保守的な有吉弘行さんの"無理しない人生観"が学べます。
    続きを読む

    投稿日:2020.01.10

  • ゆう

    ゆう

    有吉のブレイクからどん底生活へと落ちていく様子が詳細に書かれていて赤裸々感が良かった。どれだけ収入が増えても生活レベルを変えなかったのは当時の若さにしてはとても堅実な判断だと思った。
    慢心がないのはいい事でブレイクの状態か長く続くはずがないと冷静に判断出来ている所は見習いたい。
    1日1万円もらえればそれで充分、それがやりがいになる。
    自分に向いていないと仕事をやめてしまう人に向けたメッセージで自分に言われている気がしてハッとした
    続きを読む

    投稿日:2019.12.01

  • ひとこ

    ひとこ

    2019/02/06読了


    一度地獄を見た人の言葉は重い。
    夢や希望なんかより、安定と貯金を
    ポジティブマインドより、リアルを
    しっかり見極め、大事にせよと彼は言う。


    成功者は失敗者の知らない光のみを語る。
    人生を語るには、これぞふさわしい。
    光と闇を描いたエッセイ。読んで納得の本でした。
    続きを読む

    投稿日:2019.02.17

  • nyan

    nyan

    おもしろい。
    マイナス思考が半端じゃないけど、納得してしまった。
    いやなことあったけど、読んだら元気でた。

    投稿日:2016.09.06

  • skippbeat

    skippbeat

    【No.329】「どん底にいるときは将来とか長い目でとか、そういうことを考えるのは絶対に無理」「いざというときのために、逃げ道を作っておくのって大事。たとえば勤めてた会社が潰れても、”俺はこっちでも生きられるから”と思えれば慌てずに済む」「自分がどの程度の生活レベルにいるかっていうのは、自分のまわりにいる人間を見ればわかる」続きを読む

    投稿日:2015.11.29

  • 31歳からのスタート

    31歳からのスタート

    サラリーマンでも、あの先輩に追いつけ追い越せとか、同期のライバルと仕事で争ったりとかやったりしますけど、そこはいかないほうがいいんですよ。戦場には出ない。矢面に立たない。それが基本です。
    上なんか見ないほうがいいんです。上昇志向なんて持っちゃいけないんです。続きを読む

    投稿日:2014.11.18

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。