ドン・キホーテ ─まんがで読破─

セルバンテス, バラエティ・アートワークス / まんがで読破
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
0
5
3
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • okokoka

    okokoka

    ドン・キホーテ。全然話を知らなくて、勇敢な冒険家の物語なんだろなぁ。と思ってたら、ある意味合ってるけど、設定は全然違った。予想外でおもしろい。マンガとしてもコミカル要素がよくでてて楽しく読めた。

    投稿日:2020.01.04

  • 愛

    ドンキホーテの名前は知ってたけど、物語を知らないということで。
    老人が友人である隣人をつれて旅に出る物語。老人は日々の田舎での生活になにか物足りなさを感じ、それを紛らわすために書斎で本を読みまくる。そこで多く読んでいただき騎士の話に憧れを持って旅にでる物語。続きを読む

    投稿日:2019.01.19

  • Teddy

    Teddy

    まんがで読破を読破するシリーズ。
    愉快な老人が、仲間を連れて冒険する話ってざっくりと知っていた程度だったけど、こんなオチだったのね。
    とりあえず、ドンキ・ホーテではなく、ドン・キホーテってことはしっかり肝に銘じておく。続きを読む

    投稿日:2018.01.28

  • 深川夏眠

    深川夏眠

    多重構造の叙述形式を取っ払って、
    騎士道物語を読み過ぎた老人が伝説の騎士に扮して旅に出る、
    シンプルな話として描かれている。
    従って、読みやすく、わかりやすい。
    但し、ストーリーはサラッと流れ過ぎて凄くアッサリ。
    それでも今まで読んだこのシリーズの中では出来がいい方……かもしれない。
    続きを読む

    投稿日:2013.03.30

  • chokusuna

    chokusuna

    酔狂に思われるも、実は最初から正気。何事もなしていない自分に焦燥し、騎士道の旅にでるが、いざ騎士の位を授けられてみると、自分のまわりにいた人や環境のかけがえなさに気づく、青い鳥。さて、原作ではどう描かれているのか。続きを読む

    投稿日:2013.03.12

  • toyohiro31

    toyohiro31

    ドン・キホーテがこのような物語だったとはまったく知らなかった。

    原作から若干内容を変更しているようだが、
    大綱は同じみたいだ。

    17世紀の段階で
    このように自由な内容の小説が出版されていたことに
    非常に驚いた。
    続きを読む

    投稿日:2012.08.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。