ニューヨークの魔法のことば

岡田光世 / 文春文庫
(33件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
14
7
8
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • おこめ

    おこめ

    ニューヨークが素敵というか、著者の岡田さん見ているニューヨークという世界が素敵だなと思った。
    多分誰にでも経験できる世界じゃないと思う。
    岡田さんが心を開いているから、相手も心を開いて接してくれて素敵な出会いと会話が生まれるんだろうな。

    読んでいて、心が暖かくなる作品でした。

    くすりと笑える話が多かった分、途中ホストファミリーのダッドの話には涙が止まりませんでした。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.20

  • そら

    そら

    『ニューヨークの魔法はここで起こらないのか』

    人生を楽しむとは、やはり。僕の中にしかないんだと。辛いけど幸せはやってはこない。

    投稿日:2014.12.14

  • きーちゃん

    きーちゃん

    このレビューはネタバレを含みます

    今回もクスッと笑えたりほっこりするエピソードがたくさんあったけど、特に印象に残ったのは、著者が高校の時にステイした先のお父さんが亡くなる前のやり取り、亡くなった際のホストシスター、ブラザーからの手紙、友人が医療ミスによって車椅子の生活になってしまった時のLife Is Goodの言葉が胸に響いた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.02.16

  • reader93

    reader93

    一度は行ってみたいニューヨーク。知らない人とのちょっとした会話でほっこりするってたまにありますよね。粋な言葉を人にかけられる人間になりたい。

    投稿日:2013.12.01

  • yukari-lily

    yukari-lily

    3作目のこのシリーズ。とっても大好きで心がほっこりする♡ ニューヨーク、ステキだなって、いっつも思う。でも、ニューヨークじゃなくっても、日々の生活の中の、はたもすれば気づかないようなさりげないちょっとしたやりとりとか、事柄の中に何かを見つけられる心の余裕があれば、どんな場所にいても素敵な何かを見つけられるのかな、と思う。
    ニューヨークの魔法以外の岡田さんの本も読んでみたいな٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
    続きを読む

    投稿日:2013.10.25

  • 8mina

    8mina

    ニューヨークからは列車の移動でした。セントラルステーションの中央広場は圧巻。何度も映画のシーンで出ていましたし、見上げると大きな天井、窓は隕石で壊れてはいませんでした。オイスターバーでカキを食べられなかったのは残念。ペン・ステーションの雰囲気も独特でした。本の中の世界で再び楽しめました。街の、駅の雰囲気が伝わって来て、街を旅しているよう。再び訪問できればなあと思います。

    I'll keep my fingers crossed. 上手くいくように祈っているわ。
    Give me fives! 手にタッチして!
    続きを読む

    投稿日:2013.10.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。