私の男

桜庭一樹 / 文春文庫
(507件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
120
167
129
30
9
  • 嫌いではないが吸った気もしない。葉巻の様な物語。

    結末の曖昧な物語は葉巻に似ていると感じました。
    肺に入れずに味と香りだけを愉しむんだと言われても、煙草との根本的な愉しみ方の違いに戸惑うばかり。
    それ自体は嫌なものでもないのだけれど、煙草吸いには芯の所で相容れない、満足できない、そんな感覚。
    グロテスクだけど純粋な性愛、現在から過去へと遡っていく形式、秘められた謎。
    綺麗な文体とも相まって先へ先へと読ませてくれたのですが、やはり人が一般的な概念から道を外すにはそれなりの理由、つまり結論が欲しくなってしまう。
    嫌いではないが吸った気もしない。
    そんな感じの物語でした。
    続きを読む

    投稿日:2014.08.28

  • 「血」のつながりについて考えさせられる1冊

    このタイトルの気恥ずかしいまでのストレートさで、選ぶのをためらっていました。

    でも、その解釈は、間違いでした。

    「私の男」というタイトルが表しているのは、相手に対する所有としての表現ではありません

    複雑な状況から表される、とりわけ、血のつながりが関係する表現だと、感じました。


    読み始めてみると、時間を遡りながらストーリーが展開されていくため、そこ(ラストであり最初に辿り着く過程を愉しみながら読めます。

    主な舞台は、北海道の紋別で、海に関する表現が頻繁に出てくるのですが、これだけ不気味な表現がよくできるものだな、と作者の筆力に感心するほどです。

    でも、読後感としては、悪くなく、血のつながりがどういうものかを、改めて考えさせられました。

    そして、家族がいて、当然という意識を持っている人には、この話を完全に理解するのは難しいかもしれません。

    私も完全には理解できなかった一人です。
    続きを読む

    投稿日:2014.07.05

  • 人間の業と性の奥深さを痛感させられる作品。再読してこそわかる深い味わい

    この小説は、40年以上もの読書歴の中でもひときわ衝撃的ものだった。その構成法、扱われているテーマ、そして登場人物。汲めどもつきない深いものだった。
    まず、その構成は斬新だ。現在から過去へ15年間(ヒロインは24才から9才へ)遡る。主人公二人はある事情から逃避生活を送る。現在だけでは二人の関係、意識そして行動は、常識では疑問符のつく事ばかり。しかし、章を一つ一つ進める(時間が過去にもどっていく)ことにより、そうした疑問が解き明かされ得心させられる。
    また、そのテーマもかなりショッキングだ。人間の業と性の奥深さを痛感させられる。大人の男と少女の、しかも養父と養女の禁断の関係。それは濃密で社会通念上許されざるものだ。登場人物いわく「獣の行為」だ。
    しかし、それもこの男の少年時代の過酷な体験による愛の渇望感。そして少女の身に降りかかった自然の猛威による想像を絶する喪失感。このお互いの心にポッカリと空いた空洞は、形のない精神的なものだけではだめで、互いに確実に触りあえる肉体でしか埋められないほど深いものだったのだろう。
    できるだけ早く映像化されたものが見たい。モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞をとったとのことだが、この衝撃的な小説がど
    う脚本化され、北海道のあの冬の情景のもとどう映像化されたのか、とても興味深く楽しみだ。
    続きを読む

    投稿日:2014.09.06

  • 現代のタブーを描いた作品

    時系列がうまく書かれていて、舞台の情景も頭に浮かびやすい作品です。
    でも、内容はかなり重いので読破するのに気力を使います。

    それは、やはり現代のタブーを描いているから。
    フィクションだからいいとかは通用しない内容です。
    特に女性の方は不快感を感じる人も多いと思いますが、
    本は本、現実はまた違うと線引きのできる方にはオススメします。
    続きを読む

    投稿日:2014.09.12

  • 道ならぬ絆

    奥尻の津波で家族を亡くし、9歳で独りぼっちになった「花」。彼女を引き取り養父となったのは、淳悟という遠い親戚の25歳の青年だった。
    花の結婚から始まり、津波で引き取られ親子になるまで、年月を遡って描かれている。
    花と淳悟には沢山の秘密がある。その秘密を共有することによって、絆が強く強く結ばれていく。
    花は津波で家族を失い、淳悟は父親を海で、母親を病気で亡くしている。そういう欠損家族だった者同志が、お互いを守りあい、お互いだけを必要としていく。それは親子という道を踏み外すものだとしても。
    単なるアダルトチルドレンのお話と片づけられるのかもしれないけれど、絆を切望する気持ちはとてもわかる。
    守られたい。安心できる場所・人が欲しい。
    きっと、それは誰だって同じ。
    続きを読む

    投稿日:2014.09.19

  • 父と娘だから愛し合った

    奥尻島を中心とする北海道南西沖地震によって、めぐり合った父淳悟・と娘・花(当時小学生)が生活の中で、お互いの存在を必要なものと感じ、恋愛感情を抱き男と女の関係になっていく。花はその事実を知った世話役の町の有力者を死に至らしめ、二人は東京に逃げていく。そして、そこで父淳悟が新たな殺人を犯す。
    ストーリは花の結婚から始まり、出会いの章で終わるという、時系列を逆に描かれている。また、各章が登場人物のそれぞれの主観で描くような文体である。
    内容は父親による性的虐待を描いたものと言えるかもしれないが、相互の恋愛感情を考えると複雑な感情がそこに存在するのであろう。なぜ殺人で捕まらないのか?どうして証拠となるカメラをもっていたのか?などとなぞの部分は多いが、推理小説ではないので、この程度で良いのかもしれない。このどろどろとした人間関係を映画化できたと感心する。ただし、実際に映画を見たが、いたるところ原本と異なる。映画化に関しては賛否が分かれるところだろう。
    続きを読む

    投稿日:2014.07.13

Loading...

ブクログレビュー

"powered by"

  • くまねこ

    くまねこ

    一言で言えば、近親相姦。まさに、歪んだ愛の形だが、むしろ2人が愛し合う姿は純愛に見えてくる。過去に近づくにつれ、ずっとこの2人を見守っていたいという気分になる。

    投稿日:2019.10.30

  • kakane

    kakane

    淳悟と花の歪んだ愛の形を遡っていく。
    歪んだ?本当にゆがんでいるのか?わからないけど
    これも真実の愛の形では?
    最初は何か気持ち悪くて⭐︎2だなと思っていたが、読み進めるうちに2人の愛の深さに共感はできないが感動させられた。
    忘れられない一冊になった。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.16

  • ふくい

    ふくい

    このレビューはネタバレを含みます

    怖いもの見たさで読んでいるような感覚に陥る なにか見てはいけないヤバイもののような
    読後感重すぎたけど嫌いじゃない

    ただ性描写濃すぎて疲れる笑
    あの飴ちゃんのシーンが忘れられない

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.09.23

  • shushu

    shushu

    10歳で震災孤児となった少女・花
    彼女をひきとったのは25歳の青年・淳悟だった

    24歳となった花の結婚の日から始まり
    過去にさかのぼっていく形式

    壊れて空っぽだった2人の出会い
    禁忌の愛

    とても受け入れられないと思いながらも
    引きつけられて読んでしまう、圧倒的に美しく倒錯した世界
    続きを読む

    投稿日:2019.07.30

  • ひこうき、

    ひこうき、

    最初は訳が分からず、読むのが大変…だったが、しばらく読んでいって伏線が回収されるともう面白くて止まらない。2人のぬるぬるどろどろした関係に目が離せなくなっていく。

    投稿日:2019.07.28

  • masato

    masato

    いまいち?!
    第138回直木賞受賞作
    「禁断の愛」「切なくも美しい、究極のエンターテイメント」とありましたが、どろどろっと暗く切ないストーリ。
    「利休にたずねよ」同様に、過去にさかのぼって事実が明らかになっていく語り方。

    なので、ストーリを語るのは難しいですが、主人公「花」が結婚するところから始まります。
    その花が語る「私の男」がその花の養父である「淳悟」。
    花と淳悟の関係は?
    花の過去とは
    淳悟の過去とは
    隠された事件とは

    と言ったところが、過去に遡り、明らかになっていく物語。

    ぶっちゃけ、二人は親子の関係を超えた肉体関係なわけですが、淫靡な関係でもあり、切ない関係でもあります。
    結局のところ、花は淳悟の実の娘で、その実娘でありながら、淳悟が花に求めたものは、母親。
    また、花が求める家族像、男像。

    そんな世界観なわけですが、そもそも、9歳の実娘にそういうことする?
    ちょっと受け入れがたい。

    さらに、そんな二人は殺人事件も起こしています。
    しかし、その殺人事件については、二人の関係性を物語るエピソードとして描かれていると思いますが、それでいいの?って感じ。殺人だよ..

    インモラルな世界観とそこで生きる男と女を描いているのだと思いますが、ちょっといまいちでした。

    好きか嫌いかでいうと嫌いな部類です
    続きを読む

    投稿日:2019.07.27

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。