映画・音楽・演劇:73位

Rolling Stone Japan (ローリングストーンジャパン)vol.7

CCCミュージックラボ(著) / CCCミュージックラボ

作品情報

・COVER STORYBATTLE OF TOKYO特別付録はRolling Stone Japan×輝夜月のスペシャルポスター。EXILE TRIBEの若手グループ“Jr.EXILE世代"による初の総合エンタテインメント・プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」がいよいよスタートする。現在公開されているMVでは、各グループが近未来的な世界観の中で“コラボバトル"する様子が描かれ、早くもその圧倒的なスケール感が話題だ。7月3日には、Jr.EXILE世代として初となるアルバム『BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~』が発売され、翌日の7月4日から7日にかけては、千葉・幕張メッセにてライブイベント「BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~」が開催されることも決まっている。今回、Rolling Stone Japanでは独占表紙巻頭特集が実現。カバーを飾るのは、白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、中島颯太(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、深堀未来(BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE)の4名。彼らの撮り下ろし写真とロングインタビュー計22ページとともに、LDHのライブ・クリエイティブを担う「TEAM GENESIS」のSEVA氏に、LDH流のライブの作り方と、壮大な演出が期待されるライブ「BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE」への意気込みを語ってもらった。【その他の特集】・今からでも遅くない! 2010年代を代表するメガ・コンテンツ『GOT』への誘い2010年代をグローバルに席巻したメガ・コンテンツの筆頭と言えば、2008年の『アイアンマン』に端を発するMCU映画だ、という認識もようやくここ日本でも広まりつつあるかもしれない。だが実は、2011年春から8年の歳月をかけて完結した『ゲーム・オブ・スローンズ』(『GOT』)こそがこのディケイドの覇者だという声も少なくない。米ローリングストーン紙による美麗写真の記事とともに、音楽評論家・田中宗一郎と「ザ・サイン・マガジン・ドットコム」が、その魅力を解き明かす。・常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか今、世間から熱狂的に愛されているバンド「King Gnu」のギター&ヴォーカルであり作詞作曲を担う首謀者である、常田大希。King Gnuが絶好調な状態であるなか、常田による新プロジェクト「millennium parade」が始動した。King Gnuのツアー最終日、millennium paradeのリハーサル、そして初ライブ当日の密着取材とインタビューを通して、常田大希の頭脳と心を解剖する。・音楽で紐解くバーチャルYouTuber音楽活動を主にするバーチャルシンガーや、作曲に特化したクリエイター型、その両方を兼ね備えてアーティスト/作家の両方で契約を交わす才能型など、VTuberの音楽シーンには様々なメンバーが集い、トラックメイカーやボカロP、バンドといった同時代のクリエイターとも共創しながら、新たな音楽カルチャーを生んでいる。そんなシーンの先頭に立つキズナアイ、そして輝夜月、KMNZの3組にフォーカスした。Rolling Stone Japanと輝夜月のコラボレーションによる付録スペシャルポスターにも注目。・SUMMER FESTIVAL 2019フジロックフェスティバル、サマーソニック、ロック・イン・ジャパン・フェスティバル2019年、音楽フェスが内包するものはアーティスト、オーディエンス、音楽だけではない。フェスカルチャーという言葉があるように、今では一つの文化として多様な側面を持ち、それぞれ独自のスタイルやメッセージを持っている。そんな背景を踏まえ、フジロックは「フード」、サマソニは「現場」、ロック・イン・ジャパンは「デザイン」をキーワードにそれぞれ取材を実施した。・POP RULES THE WORLD田中宗一郎と宇野維正がナビゲートするポップカルチャー最前線 2019 Summer音楽評論家の田中宗一郎と、映画・音楽ジャーナリストの宇野維正の2人が、「今、世界のポップカルチャーで起こっていること」を題材に、縦横無尽かつ自由奔放に語り倒す対談連載。2019年の第二弾となる今回は、ファンカルチャーがすべてを牽引するソーシャルメディア以降の磁場で批評の役割とは何か?北米ラップフィーバーの後に訪れた「アイデンティティ回帰」とは? やっぱりボブ・ディランが一番偉かった?など、これさえ読めば「ポップの今」

もっとみる

商品情報

シリーズ
Rolling Stone Japan (ローリングストーンジャパン)
著者
CCCミュージックラボ
ジャンル
映画・音楽・演劇 - クラシック
出版社
CCCミュージックラボ
書籍発売日
2019.06.01
Reader Store発売日
2020.07.28
ファイルサイズ
52.1MB
シリーズ情報
既刊6巻

※この商品はタブレットなど大きなディスプレイを備えた機器で読むことに適しています。
文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

Rolling Stone Japan (ローリングストーンジャパン)vol.7

新刊通知

  • CCCミュージックラボ

  • Rolling Stone Japan (ローリ

もっとみる

この作品のレビュー

平均 0 (0件のレビュー)

レビューを書く

0
0
0
0
0

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

  • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
  • ・買い逃すことがありません!
  • ・いつでも解約ができるから安心!

※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

お支払方法:クレジットカードのみ
解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

  • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
  • ・買い逃すことがありません!
  • ・いつでも解約ができるから安心!
  • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

お支払方法:クレジットカードのみ
解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

Reader Store BOOK GIFT とは

ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
※ポイント、クーポンの利用はできません。

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。