フットボール批評issue28

フットボール批評編集部(編集) / KANZEN

作品情報

とある劇作家はテレビのインタビューで
「演劇は観客がいて初めて成り立つ芸術。スポーツイベントのように無観客で成り立つわけではない」と言った。
この発言が演劇とスポーツの分断を生み、SNS上でも演劇VSスポーツの醜い争いが始まった。
が、この発言の意図を冷静に分析すれば、「スポーツはフレキシビリティが高い」と敬っているようにも聞こえる。
例えばヴィッセル神戸はいち早くホームゲームでのチャントなど一切の応援を禁止し、
Jリーグ開幕戦のノエビアスタジアム神戸では手拍子だけが鳴り響いた。
歌声、鳴り物がなくても興行として成立していたことは言うまでもない。
もちろん、これが無観客となれば手拍子すら起こらず、終始“サイレントフットボール”が展開されることになるのだが・・・・・・。
しかし、それでもスタジアムが我々の劇場であることには何ら変わりはない。
河川敷の土のグラウンドで繰り広げられる名もなき試合も“誰かの劇場”として成立するのがスポーツ、
フットボールの普遍性である。我々は無観客劇場に足を踏み入れる覚悟はできている。


【目次】●フットボールの格言 江間慎一郎
【特集I】無観客劇場への覚悟はあるか
●村井満Jリーグチェアマンロングインタビュー 吉沢康一
●Jリーグは感染症によって死んでしまうのか?
岩田健太郎教授インタビュー(神戸大学医学部感染症内科) 木村元彦
●Jリーグのプロトコル 藤村昇司Jリーグ特命担当部長&黒田卓志Jリーグ競技運営部長 宇都宮徹壱
●エンタメを救うために政府は決断せよ
元大分トリニータ社長・溝畑宏大阪観光局長が懸念するJリーグクラブ存続の危機 木村元彦
●汚点 横浜フリューゲルスは、なぜ消えなければならなかったのか 田崎健太 ※新連載

【特集II】フットボールに“型”は必要か
●レオナルドのゴールの奪い“型” 怪物ストライカーだけに見える得点量産の道筋 河治良幸
●「フットボールYouTuber」へのなり“型” 那須大亮の戦略 海江田哲朗
●NOVAホールディングスが抱く野望の“型”いわてグルージャ盛岡の本気度を問う 宇都宮徹壱
●「新たなる日常」におけるマネーゲームの“型” コロナウイルスとフットボールの敵 田邊雅之

【特集III】「ミニ」フットボール戦術批評
●フットボールの主旋律“カオスに抗うアナリスト” 第1楽章“ゲーゲンプレッシング2.0”時代到来 庄司悟 ※新連載
●ポジショナルプレー実践論 渡邉晋(元ベガルタ仙台監督)×岩政大樹(サッカー解説者) 清水英斗
●外国人監督が指摘する日本の杜撰な守備戦術
ネルシーニョ(柏レイソル監督)、ランコ・ポポヴィッチ(FC町田ゼルビア監督)、ゼムノヴィッチ・ズドラヴコ(FC岐阜監督) 加部究
●メソッドの源流を辿る 戦術を語る、その前に。戦略を知る 結城康平
●『ドラゴン桜』が教えてくれる指導戦術 三田紀房が考える理想のリーダーシップ論 吉沢康一

【連載】
●世界サッカー狂図鑑 金井真紀
●世界サッカー狂図鑑番外編 マレーシアの芝の達人ミスターヒロイ 金井真紀
●スペインフットボールジャーナル 木村浩嗣
●スポーツ文化異論 武田砂鉄
●フットボール“誌上”定例会議 外神田蹴球結社
●「フットボールとは何か」?を考える 小林祐三(サガン鳥栖) 井筒陸也
●サッカー本大賞2020発表 編集部
●FOOTBALL BOOK REVIW ボールは跳ねるよ、どこまでも。 幅允孝
●新刊ガイド 編集部
●サッカー洋書案内 実川元子
・・・etc

もっとみる

商品情報

シリーズ
フットボール批評
著者
フットボール批評編集部
ジャンル
雑誌 - スポーツ・アウトドア
出版社
KANZEN
Reader Store発売日
2020.06.08
ファイルサイズ
58.6MB
シリーズ情報
既刊30巻

以下の製品には非対応です

  • Reader

※この商品はタブレットなど大きなディスプレイを備えた機器で読むことに適しています。
文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

フットボール批評issue28

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • フットボール批評編集部

    • フットボール批評

    もっとみる

    この作品のレビュー

    平均 4.0 (1件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    1
    0
    0
    0

    すべてのレビューを見る

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!
    • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

    ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

    Reader Store BOOK GIFT とは

    ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
    贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
    ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

    ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
    ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
    ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
    ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
    ※ポイント、クーポンの利用はできません。

    クーポンコード登録

    登録

    Reader Storeをご利用のお客様へ

    ご利用ありがとうございます!

    エラー(エラーコード: )

    本棚に以下の作品が追加されました

    本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

    画面左上にある「三」ボタンをクリック

    サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。